天体写真の世界 > 撮影機材 > 反射望遠鏡タカハシMT-200の使用感

反射望遠鏡タカハシMT-200の使用感

タカハシMT-200は口径20センチのニュートン式反射望遠鏡です。 数年前に天文ファンから譲って頂き、現在も愛用しています。 現在の高橋製作所の望遠鏡カタログの中には、シンプルなニュートン式反射はありません。 そういう意味では貴重な天体望遠鏡です。

反射望遠鏡タカハシMT-200

タカハシMT-200の概要

古い天文書籍を紐解いてみると、タカハシのMTシリーズは1982年に発売が開始されたと書かれています。 MTシリーズで最初に発売されたのが、タカハシMT-100です。口径10センチの反射望遠鏡です。

その次の年にMT-130、MT-160が発売開始され、最後にMT-200望遠鏡が登場しました。 当初MTシリーズの鏡筒は、この写真のような薄い緑色(若竹色)をしていました。 発売後数年が経った後、現在のタカハシ望遠鏡のカラー(クリーム色)に変更されたようです。 この若竹色は好みが分かれるところですが、個人的にはドラム缶の色のように感じる時があります(笑)。

その後、MT-250、MT-300と大型のタイプも作られました。こちらは現在でも受注で生産されているようです。 MTシリーズは時代の流れの移り変わりと共に改良が続けられ、製造された年代によって仕様が異なっています。 また、鏡筒の重量もだんだんと軽くなっているようです。


ニュートン式反射のシャープな星像

ニュートン式反射望遠鏡は色収差が発生しないので、中心像が極めてシャープなことで知られています。 これはどんな高価な屈折望遠鏡よりも優れている点です。 実際に覗いてみても、色づきがないクリアな像が楽しめます。

そんなシャープなニュートン式反射ですが、その像はミラー精度に大きく左右されます。 良く聞くラムダ(λ)何分の1の精度とかいうあの数字です。 もちろんその数値のみではなく、研磨痕などが残っていては星が綺麗に見えません。 ニュートン反射望遠鏡に用いられる放物面鏡は、高い精度で製作される必要があるのです。

その点、このMT-200のミラーは非常に精度がよく感じます。 ミラーを主鏡セルから外してみると、ミラー自体も分厚く非常に重たいです。 最近のシンミラー(薄いミラー)とは違って、十分な厚みで作られています。


デジタル撮影

MT200の写野とM81銀河 シャープで色収差がでない反射望遠鏡は、デジタル天体写真撮影に向いています。 そこで、このタカハシMT200に冷却CCDカメラやデジタルカメラを取り付けて、 主に系外銀河の撮影に使用し始めました。

このMT200のF値は6です。 MTシリーズには、オプションでレデューサーレンズが用意されていました。 このレデューサーレンズを使用すると、F値が4.8まで明るくなって撮影用望遠鏡となりますが、 私は所有していません。 そこでそのまま冷却CCDカメラを取り付けて撮影することにしました。

MT200の焦点距離は1200ミリですから、冷却CCDカメラのST2000XMを取り付けると春の銀河がちょうどよい具合 に写野に収まります。 そこで試しにM81銀河を撮影してみると、 画面端はコマ収差の影響で少し星像が流れてしまうものの、中心付近は解像度が素晴らしく、全体としてシャープに写ることが分かりました。 あまりにも良く写ったので、この年はこの望遠鏡とST2000XMを使って、いろいろな系外銀河を撮りまくりました。


光軸調整とカメラ取付方法

MT200望遠鏡と冷却CCDカメラは、スターベースで販売されていた「M54ネジM42オスアダプター」を 介してねじ込みで取り付けています。ねじ込みは面倒ですが、確実に取り付けることができます。

また、大きな反射望遠鏡ですので、現地まで運ぶと光軸がずれてしまいます。 現地では目視とレーザーコリメーターを使って、光軸の微調整を行っています。 特にこの古いMT200望遠鏡は斜鏡スパイダーが丸棒だったため、望遠鏡の向きが変わると光軸がずれてしまって大変でした。 今では強化型羽式スパイダーに変更して、安定して撮影できるようになりました。

ピント合わせは、接眼部に取り付けたピントゲージを使って合わせています。 シャープなニュートン反射は、ピークが分かりやすいので、数分でピント合わせすることができます。


ミラーの洗浄

MT200の放物面鏡と主鏡セル 反射望遠鏡の反射ミラーは、定期的なメンテナンスが必要です。 普段は主鏡セルを望遠鏡から外して、ブロアーでゴミを吹き飛ばすだけで済ましていますが、 長い間使用していると、それだけでは落ちない汚れがついてきてしまいます。 そこで、2年に1度ぐらいの割合で、ミラーを主鏡セルから外して洗浄しています。

MT200の主鏡セルの構造は右上写真のようになっています。 放物面鏡は、等間隔に並んだ6つの全面押さえで支持されています。 また、この写真からは分かりづらいですが、横方向からも芋ネジで6点支持されています。

これらのネジを緩めて、ミラーを主鏡セルから外して清掃します。 ミラーの洗浄は、まず水で大きな汚れを洗い流した後、中性洗剤を含ませた水を使って手で軽く洗っています。 汚れが落ちたら、水道水でよく洗って洗剤を洗い流し、乾かします。 ところで、このミラーを乾かす時ですが、よくガイドブックなどでは鏡面を下にして壁に立てかけて乾かすと書かれています。 しかし、こうするとどうしても水垢が残ってしまいますので、私はブロアーで水を吹き飛ばしています。

MT200の放物面鏡 ミラーを洗浄した後は、主鏡セルにミラーを入れて固定します。 この時、あまり強く固定ネジを締めすぎると、鏡が歪んで星像が悪くなるので注意したいところです。 といっても、よく昔の本に書かれているように「主鏡セルを振ってカタカタ音がするように・・・」緩めて取り付けると、 撮影中にミラーが動いて星が流れて写ってしまいます。 そこで、鏡は横方向の圧力には比較的強いので、横の固定ネジを使って固定するようにしています。

主鏡セルを鏡筒に取り付けた後は、タカハシから発売されている、センタリングアイピースを使って光軸調整をしています。 こうしたセンタリングアイピースを使うと、レーザーコリーメーターだけでは調整しきれない部分を修正することができます。


接眼部の強化

MT200の補強 安価なニュートン反射望遠鏡と比べると、丈夫に作られているタカハシMT200ですが、 重いデジタルカメラを接眼部に取り付けて撮影すると、撮影方向によっては接眼部がたわんで光軸がずれることがありました。 そこで、接眼部にアルミ板を挟み込むことで、取り付け部分を強化することにしました。

今回変更した点は、接眼部を固定するネジを2本増やして6点止めにしたことと、厚さ1ミリのアルミ板を使って裏打ち補強したことです。 右上がその裏打ちした部分の写真です。 素人仕事なので、開口部はぎざぎざで見栄えが悪いですが、ドロチューブ部分を持ってみると剛性が上がったことが感じられます。

上の写真は銀色ですが、最後に黒色黒板スプレーを使ってつや消し塗装しています。 これで重い補正レンズやカメラを取り付けても、光軸をずらすことなく撮影できるようになりました。


見直したいニュートン反射の性能

MT200反射望遠鏡で撮った天体写真 MT200反射望遠鏡を使ってみて感じたことは、シンプルな望遠鏡がやっぱり使いやすいと言うことです。 構造が単純なので手を入れやすく、調整方法も理解しやすい望遠鏡です。

メンテナンスフリーの高性能屈折望遠鏡も魅力的ですが、こうしたニュートン反射は使っていると愛着が沸いてきます。 その形と大きさから「ドラム缶」と呼んでいますが、ずっと使っていると、かわいらしくも思えてきます。

最近の市場では、精度の良いニュートン反射望遠鏡はあまり見かけなくなりました。 しかしケンコーからは、ケンコーSE200やSE250といった反射望遠鏡が発売されています。 安価な製品なので、接眼部の強度などが不足していますが、それを自分で改良するつもりで購入するのも面白いと思います。 ちょっと古めかしいニュートン反射望遠鏡ですが、今一度見直してみてもよいかもしれませんね。

反射望遠鏡タカハシMT-200のスペック

名称 MT-200
口径 200mm
焦点距離 1200mm
口径比 1:6
鏡筒径 253mm
鏡筒全長 1150mm
重量 14.5キロ

撮影機材メニュー

天体写真撮影機材 タカハシTOA-130S タカハシε-160 タカハシε-180ED タカハシε-250 タカハシμ-300 タカハシMT-200 ビクセンED103S ビクセンVSD100 コーワプロミナー500mmF5.6L ミニボーグ45ED リッチークレチアン望遠鏡 キャノンFD400mmレンズ キャノンサンニッパ改造

赤道儀関連

赤道儀の比較 ユニテックSWAT-200 小型赤道儀P2Z ビクセンSXD赤道儀 タカハシEM200赤道儀 ビクセンAXD赤道儀 タカハシNJP赤道儀 ペンタックスMS5赤道儀 ヘラクレス赤道儀 モータードライブFS2 ステッピングモーター原理

カメラ関連

ペンタックス67 SBIG STL11000M SBIG ST2000XM SBIG ST-i Webカメラ カメラ三脚と雲台 SIRUI K-20X自由雲台 アルカスイス自由雲台 中古カメラ機材販売

調整ツール・パーツ

便利グッズ レデューサーの星像比較 カセグレン式の光軸調整 反射望遠鏡の光軸調整 オートコリメーターについて EOSマウントアダプター 直焦ワイドアダプター60DX 強化型カメラマウント 画像処理用自作パソコン

その他

ノートパソコンのハードディスク交換 発電機メンテナンス 日産自動車テラノ マツダデミオ ガッラントデスク