天体写真の世界 > 撮影機材 > ビクセンED103Sのレビュー

ビクセンED103Sのレビュー

ビクセンED103Sは、天体望遠鏡メーカーのビクセンが製造している屈折望遠鏡で、天体観測や写真撮影に愛用しています。 ED103Sは、口径10センチの割には軽量な望遠鏡なので、手軽な天体観望や観察に適しています。 友人が来たときのミニ星空観望会などで、よく使用している望遠鏡です。

ビクセンED103S天体望遠鏡

ビクセンED103Sの概要

ビクセンED103Sは、対物レンズにEDレンズを用いた最新型のアポクロマート屈折式天体望遠鏡で、 2004年末頃に発売が開始されました。

ED103Sは、従来機種のED102SWTを改良したモデルで、 デジタル撮影時に生じる青にじみを押さえた、新しい設計のレンズが使われています。

天体望遠鏡本体の形は、ホワイト塗装のシンプルな屈折望遠鏡で、 赤いVixenのロゴマークと、フードに走る青いラインがポイントとなっています。 フードは引き抜き式で簡単に取り外すことができ、鏡筒の端には、2枚玉対物レンズが入っているセルがねじ込まれています。 なお、レンズセルに光軸修正装置はありません。

天体望遠鏡のスペックは、口径が103mm,焦点距離が795mm,口径比(F値)が7.7,重さが3.6キロとなっています。


持ち運びしやすい鏡筒

ビクセンの天体望遠鏡全般に言えるのですが、この鏡筒もとても軽く、3.6キロしかありません。 キャリーハンドルも付属しているので、片手で持って、手軽に持ち運ぶことができます。 また、赤道儀への取付もアリガタアリミゾ接続なので、ワンタッチで取り付けることができ、非常に便利です。

夕方家に帰ってから重い天体望遠鏡を設置するのは嫌になりますが、 このような軽い機材なら、気軽に観望を楽しめるので重宝しています。 友人とのミニ観望会や、家族との月や惑星観察によく使用しています。


コントラストの高い像

木星 鏡筒内には絞り環(バッフル)が3枚設けられ、丁寧にツヤ消し塗装がされています。 そのため、月を覗いてもコントラストは良好で、EDアポクロマートらしい色収差のないスッキリした像を楽しめます。

気流の良いときに高倍率で恒星を覗いても色収差はほとんど感じられず、特に青ハロは皆無に感じました。 焦点内外像も良好です。 ただし、タカハシTOA130等の3枚玉トリプレットの天体望遠鏡と比べると、色収差や焦点像の甘さは感じられます。 これは価格差もあるので、仕方ないところとではないでしょうか。

月や惑星を観望していても、10センチの屈折望遠鏡としては、レベルの高い見え味だと思います。 月のクレーターもよく分解しますし、木星の縞模様も確認できます。 10センチのEDアポクロマートなので高価な望遠鏡ですが、 この天体望遠鏡が一本あれば、月や惑星、また二重星の観測など、 それぞれを高いレベルで楽しむことができるでしょう(右上の画像はこの望遠鏡で撮影した木星の写真です)。


ED103Sの天体写真適正

オリオン星雲 別売りのレデューサーをED103Sにねじ込んで、星雲や星団の撮影を何度か行いました。 ED103Sとビクセン純正のレデューサーと組み合わせると、ED103S望遠鏡はF5.2(焦点距離533mm)と明るくなります。 デジタル機材での天体撮影に使いやすくなりますが、星像は良いとは言えず、写野端の方の星は菱形に歪んでしまいます。

全体の星像の傾向としては、中心部は色収差が目立たず、すっきりした星像を結びますが、 周辺に行くにつれて星像が扇状に広がり、色収差が若干目立つようになります。 しかし、ST2000XM冷却CCDカメラのような撮像素子サイズの小さなカメラなら、写野端までシャープな星像を結んでくれます。 右の画像は、その組み合わせで撮影したオリオン星雲です。 画像クリックすると、ギャラリーの大きな画像が開きます。

純正レデューサーとの組み合わせ以外でも、ボーグから発売されている汎用性の高いレデューサーと組み合わせてみても面白いかもしれません。 また、海外の天文雑誌Sky&Telescopeのホットプロダクト2010にも選ばれた「Astro-Tech 2" Field Flattener(AT2FF)」を使用すると、 周辺まで綺麗な星像を結ぶという情報もあります(こちらはレデューサーではありませんので、焦点距離は短くなりません)。 天体写真界ではそれほど注目されていない鏡筒ですが、 ED103Sは取り扱いやすく、天体写真にも使いやすい天体望遠鏡だと思います。


レンズセルのゴースト

ED103Sのレンズセル ビクセンED103Sは、2枚玉アポクロマート望遠鏡です。 2枚の対物レンズは、セルと呼ばれる鏡室に入れられ、固定されています。 それぞれのレンズの間隔は、一般的な小口径屈折望遠鏡と同じように、3枚の錫箔をレンズの縁に挟むことで保持しています。

右上の写真がその3つの錫箔の一枚ですが、こちらをご覧いただくと、錫箔スペーサーが、レンズ中心部に向かって飛び出しているのがわかります。 この錫箔の出っ張りが大きいため、デジタル機材で星空を撮影すると、このスペーサー部分で光が遮られて、 反射望遠鏡の主鏡固定爪で起こるような星像の乱れが輝星に出てしまいます。 すっきりした星像が魅力の屈折望遠鏡だけに、これは残念な点です。

この錫箔の出っ張り量は、現在市販されている他社製望遠鏡と比べて大きくなっていますが、 以前発売されていたタカハシFSシリーズでも、機種によってばらつきはあるものの、同じような現象が起こっていました。 なお、上位機種のビクセンAX103Sでは、レンズセルの上に飾り環が乗せられていて、 こうしたゴーストが生じないように改善されています。 ED103Sでもそうした構造を取り入れていただいて、よりすっきりした星像を結ぶように改善してもらいたいものです。


ED103S用の純正レデューサー

ED103S用レデューサー ED103Sをはじめとした2枚玉屈折望遠鏡は、中心部は色収差や球面収差が除去されてシャープな像を結びますが、 像面湾曲が発生するため、視野周辺に行くにつれて像が大きく呆けてしまいます。

これを補正するために使用されているのが、フラットナーやレデューサーと呼ばれる補正レンズです。 こうした補正レンズを使うと周辺星像が著しく改善するので、デジタルカメラを使った天体撮影に広く用いられています。

ED103S用として、ビクセンからED(F7.7用)と名付けられたレデューサーが販売されています。 この補正レンズは、ED103Sだけでなく、ED81S、ED115Sにも使用できる汎用レデューサーで、焦点距離を約0.67倍短縮する効果があります。 比較的安価で手に入れやすいレデューサーですが、上記もしたように補正が十分ではないと思われ、 大きな撮像素子を持つデジタルカメラで撮影すると、写野周辺で像の悪化が目立ってしまいます。


接眼部のがたつき

接眼部アダプター ED103S望遠鏡に限らず、ほとんどのビクセン製天体望遠鏡の接眼部には、フリップミラーと呼ばれる光路切り替え式の天頂ミラーが付属しています。 このフリップミラーは大変便利なのですが、フリップミラーの2インチスリーブを差し込む先の、 接眼部アダプター(SX60→50.8AD)のクリアランスが大きいため、長時間使用していると、ガタが出てきてしまいます。

ビクセンは、デジタルカメラを使用して直焦点撮影する際には、フリップミラーシステムの後ろに拡大撮影アダプターを取り付け、 デジカメを接続するように推奨しています。 しかし、フリップミラーの後ろに重いカメラや接眼レンズを取り付けると、接眼部アダプターから生じるがたつきがより大きくなって、 しっかりと固定した状態で撮影することができません。
※レデューサーはネジ込みになるので問題ありません

これは、接眼部アダプター(SX60→50.8AD)の公差が大きいために生じている問題だと思います。 新しいロットではある程度改善されたという情報もありますが、 天体望遠鏡の使い勝手にも直結する部分ですので、できれば新規格のアダプターを販売して欲しいところです。

ビクセンED103Sのスペック

ビクセンED103S望遠鏡の仕様を以下に示します。

名称 ED103S鏡筒
有効口径 103mm
焦点距離 795mm
口径比 1:7.7
鏡筒径 115mm
鏡筒全長 820mm
重量 5.4kg(本体3.6kg)

撮影機材メニュー

天体写真撮影機材 タカハシTOA-130S タカハシε-160 タカハシε-180ED タカハシε-250 タカハシμ-300 タカハシMT-200 ビクセンED103S ビクセンVSD100 コーワプロミナー500mmF5.6L ミニボーグ45ED リッチークレチアン望遠鏡 キャノンFD400mmレンズ キャノンサンニッパ改造

赤道儀関連

赤道儀の比較 ユニテックSWAT-200 小型赤道儀P2Z ビクセンSXD赤道儀 タカハシEM200赤道儀 ビクセンAXD赤道儀 タカハシNJP赤道儀 ペンタックスMS5赤道儀 ヘラクレス赤道儀 モータードライブFS2 ステッピングモーター原理

カメラ関連

ペンタックス67 SBIG STL11000M SBIG ST2000XM SBIG ST-i Webカメラ カメラ三脚と雲台 SIRUI K-20X自由雲台 アルカスイス自由雲台 中古カメラ機材販売

調整ツール・パーツ

便利グッズ レデューサーの星像比較 カセグレン式の光軸調整 反射望遠鏡の光軸調整 オートコリメーターについて EOSマウントアダプター 直焦ワイドアダプター60DX 強化型カメラマウント 画像処理用自作パソコン

その他

ノートパソコンのハードディスク交換 発電機メンテナンス 日産自動車テラノ マツダデミオ ガッラントデスク