天体写真の世界 > 天体写真家プロフィール

作者プロフィール

My Photo はじめまして、天体写真家の吉田隆行(HN:Ryutao)です。このサイトと展示している天体写真の作者です。 天体写真の世界にお越しいただき、ありがとうございます。

宇宙の写真を集めた天体写真ギャラリーをはじめ、天体望遠鏡や天体撮影に関係する情報を各ページにまとめています。 お時間のあるときに、サイト内をゆっくりとご覧いただければ幸いです。 なお、日々の更新情報は、トップページやブログ星空日誌に載せています。 最新の情報はそちらのページをご覧ください。

星との出会い

星との出会いは小学生の頃です。 初めて星に興味を持ったのは、小学校の授業で星について学んだ時です。 それから毎晩星空を眺めるのが私の楽しみになりました。 しばらくして叔父に天体望遠鏡を覗かしてもらい、ますます星空に興味を持つようになりました。

あるときふとしたきっかけで、両親に小さな望遠鏡を買ってもらうことができました。 小さな天体望遠鏡でしたが、初めて自分の望遠鏡で覗いた宇宙は今でも忘れられない貴重な思い出です。

それから引っ越しや仕事等で星見を中断することもありましたが、いつも心のどこかに星はいて、 仕事に疲れたときには夜空を眺めたりしながら星見を続けていました。 夜空に輝く星々は雄大で、毎日のストレスを和らげてくれる大きな存在になっています。

私の作品作り

天体写真は小学生の頃から撮り続けていましたが、本格的に写真を発表し始めたのは2000年頃からです。 昔は中判銀塩フィルムを使った撮影が天体撮影の中心でしたが、高性能なデジタルカメラが登場してからは、 驚くほど美しい宇宙の写真が撮影できるようになりました。 そこで、私もデジタル一眼レフカメラや天体専用デジタルカメラ(冷却CCDカメラ)に機材を切り替え、 遠くの宇宙を撮影するようになりました。

最近のデジタル撮影機材の性能向上はめざましく、同じ天体望遠鏡を用いてもよりレベルが高い作品を撮れるようになっています。 こうした最新機材の特徴を生かしながら、魅力ある宇宙の星々を時間をかけて撮影するのが楽しみの一つです。

私の作品作りの信条はアナログの感覚にあります。 作品をモニターやスマートフォンの画面で閲覧して終わりではなく、 手で触れられるプリント作成を最終的な目標にして、 天体撮影から画像処理までを一貫して行うように心がけています。 これは、写真をプリントすると、鑑賞する楽しさがより一層増すと感じているからです。

一作品仕上げるのに大変時間がかかる私の天体写真ですが、その苦労の甲斐があってか、 いつの間にか私の天体写真は高い評価をいただくようになりました。 歴史ある天文ガイド誌での最優秀賞受賞を始め、多くの雑誌や公共団体主催コンテストで入選させていただきました。

また国内だけでなく、海外でも活動の場を広げ、アメリカNASAのAPODや、海外の 著名なサイト「TheUniverseToday」や、 ドイツの天文機材カタログなどでも私の作品が紹介されるようになりました。

広島市にて個展が開催される

2008年夏には広島市の文化財団の主催で、私の天体写真展を広島で開催することができました。 夏休みというよい時期に企画していただいたこともあり、たくさんの方々に見に来ていただきました。 特に写真展に訪れてくれた子供達と話す機会があったのは、大変貴重な経験でした。

広島市での2回にわたる写真展の後にも、静岡県富士市にある富士川楽座にて写真展が開催されました。 新世代のプラネタリウム「メガスター」との共演だったこともあり、大変多くの方々に作品を見ていただくことができました。

2009年から、月刊の天文雑誌「星ナビ」にて私の記事「宇宙は美しい」が連載中です。 書店にお立ち寄りの際には、是非ご覧になってください。

NHKのテレビ番組に出演

My Photo 2012年には、NHKEテレの「趣味Do楽:思い出を残そう!達人が教えるデジタルカメラ」というテレビ番組に講師として出演しました。 このテレビ番組は8回シリーズの写真講座で、生徒役のダンカンさんと虎太郎君が各分野の写真家に手ほどきを受けながら、 写真撮影のコツを学んでいくという番組でした。そのデジカメ番組の中で、私は天体撮影の講座を担当しました。

番組の収録は北海道津別町で行われ、天候にも助けられて、デジタル一眼レフカメラを使った星空撮影の方法をご紹介することが出来ました。 NHKスタッフの皆様をはじめ、宿泊先のマネージャーにもいろいろと助けていただき、 大変過密なスケジュールでしたが、終始楽しく番組の収録をすることができました。

右上の写真は、そのテレビ番組収録の時に撮っていただいたダンカンさんと虎太郎君との記念写真。 真夏というのに北海道は大変涼しく、寒がりの私はウィンドブレーカーを羽織っています。
※写真の掲載承認を得ています。

星空環境とこのサイト

この日本は経済成長著しい先進国ですが、残念ながら星空環境の点では世界の中でも劣悪な国です。 特に都市部の光害は酷く、東京や大阪の街では夜空が晴れているかすらわからないことがあります。 晴れていても星が全く見えないためです。 また、郊外の周辺都市の光害もどんどん大きくなり、田舎に出かけても天の川銀河が見えなくなるのは時間の問題かもしれません。

これからは宇宙の時代と言われていますが、このような状況下では、日本で宇宙に夢を馳せることは難しいでしょう。 将来の日本では、天の川銀河のことをテレビやプラネタリウムなどの映像でしか知らない子供達も出てくるかもしれません。

できればそんな星空を失った世界になって欲しくはありません。 そういう気持ちもあって、このサイトを立ち上げました。 個人運営なので至らぬ点も多いWebサイトですが、宇宙の写真を見て楽しんでいただいたり、 天体撮影時の何かの参考にしていただいて、いろいろな形で星空を楽しんでいただければ幸いです。

謝辞

このホームページの運営並びに天体写真の撮影にあたりましては、 護摩壇山天体写真友の会、西明石天文同好会の皆様に大変お世話になっています。 また、友人や撮影場所等で知り合った方々にも様々なアドバイスやご協力をいただき、感謝の言葉が絶えません。 この場に変えて深くお礼申し上げます。 そしてこのページを見てくださっている皆様。ご来訪ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

吉田隆行(Takayuki YOSHIDA)
作者略歴
1982年 モノクロフィルムで星空の写真を撮り始める
1986年 ハレー彗星ブーム到来。天文写真にのめり込む
1991年 天体写真コンテスト初入選、以後入選を繰り返す
2004年 デジタル撮影機材を本格的に取り入れる
2008年 広島市文化財団主催による天体写真展開催
2008年 広島市公民館にて第二回写真展開催
2009年 道の駅富士川楽座9周年特別企画にて写真展開催
2011年 道の駅富士川楽座にて第二回写真展開催
2011年 2011年度大学入試センター試験に写真採用
2012年 NHK趣味Do楽「思い出を残そう!達人が教えるデジタルカメラ」に出演
2012年 Tokyo FM「Eco Action World」に出演
協栄産業株式会社Webサイトにて新製品レビュー執筆中
個性派ライターが集うJunkStageにて「天体写真にようこそ」連載(休止中)
月刊誌星ナビにて「宇宙は美しい」連載中

主な受賞歴
茨城県美和村フォトコンテスト優秀賞(2005年)
天文ガイド最優秀賞受賞(2004,2004,2005年)をはじめ入選多数
鳥取市さじアストロパーク星景写真コンテスト一席(2005年)
アメリカNASAのAPODにて作品が紹介される(2007年)
アメリカの天文サイトTheUniverseTodayにて作品が紹介(2007,2009年)
MicrosoftのUltimateサイトにて撮影スタイルが紹介される(2009年)