天体写真の世界 > 天体写真の撮影方法

天体写真の撮影方法

星空や宇宙の写真を撮るには、一般写真とは違ったちょっとしたコツや知識が必要です。 というのは、星空は夜景よりもずっと暗いからです。 そのため、数分〜数10分、中には数時間という長時間の露出時間が天体撮影では必要になります。

カメラのシャッターをずっと開けたままにして、星の淡い光をフィルムやデジタルカメラのCCDに当て続けます。 そうすると淡い星の光がたくさん蓄積されて、星空が綺麗に写るというわけです。 このページでは、主にデジタル一眼レフカメラを使った固定撮影や追尾撮影、それにガイド撮影に関する天体写真や星景写真の撮影方法をまとめています。


星が円を描いて写る固定撮影

固定撮影で撮ったオリオン座 星空を肉眼で見ているときは、星は点に見えます。星は丸い光の球ですから当たり前ですよね。 でも、長時間シャッターを開けっ放しにして星空をカメラで写すと、星は北極星を中心とした大きな円弧の線として写ります。

肉眼で見ているときはわかりにくいですが、星が回っているからです。正確には地球が自転しているからです。 たった数分程度の露出時間でも星が線に写り、写真の上では星が時間と共に動いていることがよくわかります。

こうした写真は、固定撮影という方法で撮影します。 デジタルカメラをカメラ三脚に取り付けて、カメラを固定して撮るためにこの呼び名があります。 一番簡単な撮影方法ですが、風景と星空を合わせて印象的な星空を撮るなど、やってみると奥深い撮り方です。 こうした星空と風景を一緒にした写真を、星景写真と呼んでいます。

この方法で撮影した作例としては、オリオン座と桂浜があります。 詳しい星景写真の撮影方法は、固定撮影の方法ページをご覧下さい。


星を点に写すには

ガイド撮影で撮影したオリオン座 星々を点像に写すには、シャッターを開けている間、カメラを星の動いている方向に合わせて動かしてあげる必要があります。 星が動くのに合わせて、カメラの向きも少しずつ変わっていくわけです。

三脚に載せたカメラを自分の手で動かして星を追いかけることも可能かもしれませんが、なかなかスムーズに動かすことは難しいものです。 たいていの場合はジグザグに動いて、滑らかな線の星がジグザグの線の星として写ってしまうでしょう。

そこでモーターが内蔵された、自動で星を追いかける機器が市販されています。 それが赤道儀(「せきどうぎ」と読みます)と呼ばれる天文機材です。 簡単に言うと、モーターが付いた大きなカメラ三脚のようなものです。 これにカメラを載せて星空を写すと、星が眼で見た様な点像に写ってくれます。

こうした撮影方法は、追尾撮影と呼ばれています。 星の動きを追いかけるようにカメラが動いていくからです。 この方法で撮影した作例としては、カノープスの写真があります。 この撮影の詳しい方法は追尾撮影の方法ページを参照して下さい。


星雲を大迫力で写すには

直焦点撮影で撮ったオリオン大星雲 星雲や銀河を拡大して写すには、超望遠レンズが必要になってきます。 しかし超望遠レンズは非常に高価で、それほど種類も多くないため、天体望遠鏡をレンズ代わりに使って撮影するのが一般的です。

広い星空の一部分をグッとアップで写すので、撮影中は赤道儀を使って星を追いかける必要があります。 それも天体望遠鏡からカメラまで動かす必要があるので、頑丈で追尾精度の高い赤道儀が必要になってきます。

天体写真撮影の中でも難易度が高いと言われている撮影方法で、撮影機材も大がかりになってきます。 星空の撮影に慣れてきて、もっと深く天体撮影を楽しみたくなったら試して頂きたい撮影方法です。 色鮮やかでアートのような天体写真をご自分で撮れることに驚くのではないでしょうか。

こうした撮影方法は、直焦点撮影と呼ばれています。 天体望遠鏡をレンズ代わりに使って撮るためです。 この方法で撮影した作例としては、オリオン大星雲の写真があります。 この撮影の詳しい内容は直焦点撮影の方法ページをご覧下さい。


月のクレーターを写すには

月のクレーター 星雲を大迫力で写すには、天体望遠鏡をレンズ代わりに使うことがわかりました。 しかし月のクレーターを拡大撮影するときは、それでは拡大率が不足してしまいます。 そこで、人間が覗くための接眼レンズを用いて、天体望遠鏡の対物レンズでできた像をより拡大して撮影を行います。

非常に難しく感じられますが、月は非常に明るいので思ったより簡単に撮ることができます。 星を追いかける赤道儀があればベストですが、赤道儀がなくても月の撮影は可能です。 天体望遠鏡の選び方で紹介しているポルタ経緯台でも、月を撮ることができます。 この時は、あまり拡大率を欲張らない方がよいでしょう。

また、月は明るいので、大都会の真ん中でも撮影できる天体です。 どちらかというと、天気や気流が良いことが多い都会の方が、郊外よりも綺麗に撮れる対象です。 天体望遠鏡をお持ちでしたら、気軽に月を撮影してみましょう。カメラもコンパクトデジカメで十分綺麗に撮ることができます。 長時間露出の必要がないため、ノイズの影響が出にくいためです。

こうした天体望遠鏡と接眼レンズを組み合わせる撮影方法は、コリメート撮影法と呼ばれています。 ギャラリーにコンパクトカメラで撮影した月の写真を 載せています。詳しい撮影方法は、月の撮影方法ページに載せています。 天体望遠鏡とコンパクトデジカメをお持ちでしたら、月の撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


木星や土星を写すには

土星 木星や土星といった太陽系の惑星を写すには、月のクレーターよりも更に拡大して撮影する必要があります。 撮影自体は月と同じように望遠鏡と接眼レンズで拡大する方法を用いますが、 こちらは撮影対象が暗く露出時間が長くなるため、赤道儀が必要になってきます。

ところで、惑星の撮影に使うデジタルカメラの種類は、時代と共に変わってきました。 従来は、一般的なコンパクトデジカメや、デジタル一眼レフカメラが使われてきましたが、 最近はWebカメラというパソコン通信用の小型動画カメラが主に使われるようになりました。 これは、動画で撮影した方が一気に何フレームもの静止画が作れて有利なためです。 また、惑星は小さいので、大きな面積を持つ撮像素子(CCD)は必要ないということも、Webカメラを選択する理由の一つになっています。

撮影自体は、天体望遠鏡と赤道儀、それにWebカメラがあれば難しいものではありませんが、Webカメラを 望遠鏡に取り付けるアダプターを自作するなど、ちょっとしたノウハウが必要な撮影方法です。 初めからは難しいかもしれませんが、 もしご興味があれば、惑星の撮影方法ページの下部分をご覧ください。


彗星を写してみたい

彗星 彗星は天文ファンでなくても興味がわく天体です。 特に大彗星と呼ばれるまで明るくなった彗星は、夜空に長い尾を伸ばして私たちを魅了します。 そうした大彗星が来たら、誰でもカメラでその姿を撮ってみたくなるでしょう。

彗星の撮影と言っても特殊な方法が必要なわけではなく、固定撮影や追尾撮影と同じように写すことができます。 ただ彗星は固有運動量が大きいので、素早く撮影する必要があります。 こうした彗星の撮影には、高感度特性が優れた最近のデジタル一眼レフカメラが最適です。 また、できるだけF値の明るいレンズを使った方が、短い露出時間で淡い尾を捉えることができます。

こうした彗星撮影の仕方については、彗星の撮影方法のページに役立つ情報をまとめています。 メトカーフ法や彗星核追尾という少し専門的な追尾撮影方法にも触れていますので、 彗星撮影の参考としてご覧ください。


流れ星を写そう

流れ星 満天の星空にサッと走る流れ星は、どこかロマンチックで美しい天体です。 「流れ星が輝いている間に3回願い事をすると願いが叶う」というジンクスがあるのもうなずけます。

星空撮影に慣れてくれば、こうした流れ星を撮影することも可能です。 銀塩写真の頃は難しかった流れ星の撮影も、 デジタル一眼レフカメラの高性能化のお陰で、誰でも比較的簡単に写せるようになりました。

この流れ星の撮影方法を、流れ星の撮り方のページにまとめています。 撮影に必要な機材から、簡単な画像処理を使って一枚の写真の中に複数の流れ星を表現する方法も記載していますので、 参考にしていただければ幸いです。


いろいろな撮影の楽しみ方

固定撮影の様子 星にはいろいろな撮影の方法があります。 上で書いた星が線状に写る写し方は、カメラ三脚にデジカメを載せてカメラ本体を固定して撮影するので、 初めての方でもとっつきやすい撮影方法です。 一般的な機材だけ撮影できますから、これから天体写真を初めてみたい方には最適でしょう。

赤道儀にカメラを載せて、カメラ本体を動かしながら星を点に撮る方法は、赤道儀が必要になりますので、少し慣れてきた方向けの撮影方法です。 この撮影方法は、カメラレンズを用いた星座の撮影から、天体望遠鏡とデジタルカメラを繋いだ星雲のクローズアップ撮影(直焦点撮影)まで多岐に渡っています。


星空を見ながら気楽に始めてみよう

いかがでしょう。少し天体写真について少しわかっていただけたでしょうか。 長時間露出すると聞いて「少し大変そう」と思われたかもしれませんが、撮影中はゆっくりと星空を眺めることが出来ます。 満天の星空を見ながら、その思い出作りに天体写真を撮影されてみてはいかがでしょう。

具体的な天体写真の撮影方法は、左のメニューに詳しく書いています(随時追記中です)。是非ご覧になってください。 また天体写真向きのデジカメ選びページも併せてご覧ください。