天体写真の世界 > 神話と星座

星座と神話

澄み渡った夜空を見上げると、天空にはたくさんの星が輝いています。 明るい星や暗い星、その星の形を見ていると自然と何かに見えてくることがあります。 そうしてできたのが星座です。やがてその星座が古代ギリシアに渡り、星座にまつわる神話が生まれました。


星座の歴史

オリオン座 夜空には全部で88の星座が輝いています。これは国際天文学連合が1930年に定めたもので、 それ以前は民族や国々によって、星座の呼び方や形が異なっていました。 天空の星をどう結び合わせるのかは、見る人の自由ですから自然なことです。 民族や時代によって物事の見方が違うように、星座の形や数も場所によって違っていました。

星座が生まれたのは、古代バビロニア時代だったと言われています。くさび形文字で書かれた 遺跡には、星座を象ったものが確認されています。古代から人間は星の並びに 何かを感じ取っていたようです。

また、ナイル川の流域を中心としたエジプト文明でも星に注目が集まりました。 農作物の耕作時期を知らせる暦が必要だったためです。ナイル川は毎年ある時期になると 大氾濫を起こしましたが、おおいぬ座のシリウスが上ってくる時期をその目安として 人々は氾濫の時期を予測していたと言われています。古代エジプト王の墓にも、シリウスや その他の星座の姿が刻まれています。


神話との結びつき

地中海で貿易を営んでいたフェニキア人が、古代バビロニアの星座を古代ギリシアに 伝えます。そこで古代ギリシアの神話と星座が結びついて、今の私達が知っている 星座とそれにまつわる神話が誕生しました。

ギリシア神話は詩人ホメロスなどによる叙事詩によって起こりました。それ以後、 ギリシアの吟遊詩人が星座神話を多く取り扱い、ギリシア神話と星座の結びつきが強くなって いきます。それと共に星座の数も整理されていきました。


プトレマイオスの星座

古代の星座をまとめ上げたのが、ギリシアの天文学者プトレマイオスです。 彼は星座を48にまとめました。黄道上に12星座、北天の21星座、南天の15星座です。 おひつじ座やこぐま座、おおいぬ座といった現在の私達も使っている星座が 彼の著書「アルマゲスト」にまとめられています。

このプトレマイオスの48星座は、大航海時代と呼ばれた近世になるまでずっと 用いられてきました。その年数は1500年にもなります。 もちろんその後も変更は加えられたものの、現在も生き続けています。 現在の星座の原形となったのが、このプトレマイオスの48星座というわけです。

※プトレマイオスの48星座は、英語読みではトレミーの48星座と呼ばれています。


ラカーユの星座

15世紀に入るとヨーロッパは大航海時代に突入します。大型船を利用して 遠洋航海を行い遠方の国々と貿易を行うようになりました。 そうなると今まで知られていなかった低緯度地域の星や、南半球の星まで 航海士は目にするようになります。プトレマイオスの48星座にカバーされていない 星々です。この頃、星座が改めて見直されることになりました。

星座作成の中心となったのが、プトレマイオスがカバーしていなかった南半球の星座 です。バイエルが著書「ウラノメトリア」に南半球の星座を新しく書き入れます。 その後も、ケプラーやハレーといった著名人によって星座が加えられていきました。

その星座をまとめたのがラカーユです。ラカーユは18世紀のフランスの天文学者の一人で、 南半球の星座を設定したことで有名です。 けんびきょう座やコンパス座と言った現在も使われている南天の星座をまとめ上げました。 アルゴ座という巨大な星座を4つに分割したのもラカーユでした。


現在の星座

星座が新設されて混乱に陥ると、天体観測や位置観測に支障がおこります。 また星座の境界については、あまり重要視されていなかったため、暗い星がどちらの 星座に属するかが問題になりました。 そこで第一次世界大戦後、混乱していた星座と星座境界線を国際天文学連合が まとめました。現在使われている88星座は、この時に決まったのです。

現在、黄道星座は12、北半球には28、南半球には48の星座があります。 プトレマイオスの48星座は、伝統的に長く使用されていたのですべて保存され、 当時の神話と星座の結びつきを現在に伝えています。

参考:星座の神話