天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > 一眼レフデジカメの選び方

デジタル一眼レフカメラの選び方

今や写真と言えばデジタルカメラを使って撮るのが当たり前になりました。 一般写真だけでなく、天体写真の世界でもデジタルカメラが主流となっています。 その中でもデジタル一眼レフカメラの価格が下がってきて、惑星から星雲写真まで分野を問わず大人気です。 ここではそんな一眼レフデジカメの選び方を見ていきましょう。


一眼レフデジカメとコンパクトデジカメ比較

コンパクトデジカメ デジカメの良いところは、フィルムの枚数を気にせずに撮影できることです。これはコンパクトデジカメでも一眼レフデジカメでも同じことです。 しかし両者には大きな違いがあります。一番大きな違いは、デジタル一眼レフは必要に応じて レンズを交換できると言うことです。このレンズを交換できる特徴があるので、一眼レフデジカメ は幅広い写真分野に対応でき、写真をより綺麗に撮りたい人に人気があります。

また、コンパクトデジカメと一眼レフデジカメでは、光を捕らえる撮像素子(CCD)の大きさが全く異なります。 デジタル一眼レフの方がずっと大きな撮像素子を使っているのです。 撮像素子が大きいと、同じレンズを用いても広い写野(画角)を得ることができます。 逆に言うと、同じ画角を得られるレンズの焦点距離は、一眼レフデジカメのレンズの方が長くなります。 これは被写界深度が浅くなり、レンズのボケを活かした表現を楽しめると言うことです。 背景をぼかして人物を浮き立たせるポートレート写真には不可欠の特徴です。

この撮像素子CCDが大きいと言うことは、光をより広い面積で受け止めることができることになります。 これはノイズや感度の高さという特徴に繋がり、よりSN比が高く階調の再現性がよい写真を撮れる ことに繋がります。 画素数だけを取ってみると、ほぼ同じスペックを持つコンパクトデジカメでも、デジタル一眼レフには 画像の美しさで叶わないのは、こういう基本的な作りの違いがあるからです。

その他にもAF追従性能の違いやカメラの起動時間の早い遅い、連続撮影可能枚数の違いなど比べればいろいろ あります。性能面ではほぼ全ての面でデジタル一眼レフが勝っていますが、その分ボディは大きく 高価です。ご自身の使うシチュエーションを考えることがまず必要でしょう。


欲しいときが買い時

デジタルカメラ もはや完成されて新機種が登場しなくなった銀塩フィルム一眼レフカメラに比べ、一眼レフデジカメはまだ 発展中で毎年新機種が雑誌や広告を賑わしています。デジカメの画素数や機能は、新機種が出るにつれて どんどん増えていき、いつ買うべきか迷ってしまうのも無理はありません。

しかし現在のデジカメの完成度は非常に高く、買ったカメラが急に陳腐化して使い物にならないことはないでしょう。 現在発売されている一眼レフデジタルカメラの画素数は、入門機ですら1,500万画素オーバーの高スペックです。 600万画素もあればA4サイズには楽々プリントできるのですから、画素数という点ではこれ以上のスペックは必要ない ところまできていると言えます。

また、最近のデジタル一眼レフカメラには、ライブビューがほぼ標準装備となりました。 以前は、キャノンEOS20Daをはじめとする一部の機種だけに付属した機能でしたが、今では入門機のEOSKissX5等にも 装備されています。これは天体写真を撮影するときに非常に役立つ機能です。 こうした機能面でも最近のデジタル一眼レフカメラは、かなり充実していると言えます。

こういうことを考えてみると、今現在のデジカメは天体写真撮影に十分満足できる性能を持っています。 欲しいときが買い時になったと言えるのではないでしょうか。


買うときのチェックポイントは

デジカメを買う時のチェックポイントを並べてみましょう。

画素数と撮像素子CCDのサイズ
起動時間
AF性能と連写性能(AFポイントの数と配置など)
感度設定範囲
液晶モニターと表示オプション
レンズのラインナップ
バッテリー
その他

いろいろと列記しましたが、今まで35mmフィルム一眼レフで撮ってきた方にとって一番気になるのが、 手持ちのレンズ資産が使えるかどうかと言うことです。 デジタル一眼レフへの移行でも、所有されているレンズメーカーで一眼レフデジカメのメーカーも決定される方も多いのではないでしょうか。 かく言う私も銀塩時代はニコンユーザーでした。何本ものニコンレンズを抱えてきましたので、 やはりデジタル一眼レフでもまずはニコンを選びました。

ただここで注意したいのは、銀塩時代に設計された古いレンズでは今の一眼レフデジカメの性能を 満足させられない製品もあるということです。特によく言われるのが、設計の古いレンズは テレセントリック特性が低いので、デジタルカメラに使うと諸収差が出てしまうと言うものです。

それならいっそのこと、手持ちの古いレンズにはこだわらず、純粋な気持ちで欲しいレンズと 一眼レフデジカメボディを探すのが賢明かもしれません。 私も最近ニコンのレンズをいくつか手放し、星の写真に使いやすいキャノンの一眼レフデジカメと EFレンズを撮影機材に加えました。


画素数と撮像素子サイズ

撮像素子サイズの比較図 一眼レフデジカメを買うに当たって、一番気になるのがこの画素数と撮像素子サイズ(CCDサイズ)では ないでしょうか。新製品がメーカーから発表されると、たいていはこの画素数が増えて登場します。 気にするなと言われてもどうしても気になるスペックです。

デジタル一眼レフカメラでは、APS-Cサイズの撮像素子がよく使われています。一部の高級機には 35mmフルサイズCCDも使われていますが、これらを使った機種は非常に高価です。 一般的にはAPS-Cサイズでも十分美しい写真を撮れると私は考えています。

画素数の方は現在1,500万画素を越えるのが当たり前になっています。画素数が大きければ大きいほど 緻密な描写が期待できるのでよい面もあるのですが、撮像素子のサイズが同じ場合は、画素数が多いほど 一つずつのセルの大きさは小さくなり、一つのセルに当たる光の量は減少します。

一つのセルに当たる光の量が減れば、ノイズが増えて階調再現性が悪くなり、極端に言えば コンパクトデジカメの撮像素子のようになってしまいます。 もちろんメーカーはそんなことは承知で、画像処理エンジンなどでノイズを減らしているのでしょうが、 やはりこの点は留意しておきたい点です。特に天体写真の分野で使用を考えているなら、より注意した方がよいでしょう。

ただ、画素数が増えればすべて悪いかと言えば、そうではありません。例えばJPEGでの撮影を主とする人には 有利に働くこともあります。JPEG圧縮は撮影画像を8x8ドットのブロックに分解し、各ブロックごとに 圧縮処理を行います。そのため圧縮率が高いと、ブロックノイズと呼ばれるJPEG画像特有のノイズが 生じますが、これは画素数が多ければ目立ちにくくなります。


画素数とデーターのハンドリング

画素数が多くなると撮影した画像データーがどんどん大きくなり、データーの利便性が落ちていきます。 大きいデーターを扱うには速度の速い高価なパソコンが必要となり、余計なコストがかかってきます。 必要以上の画素数を求めるのは、こういう点からみても手放しで喜べるものではありません。

まずはご自分がその画像データーを使う状況を想像してみましょう。ご自分のWebサイト上で発表するだけ でしたら、400万画素もあれば十分でしょう。またL版にしかプリントしないなら、200万画素でも十分です。 A4プリントでも600〜1000万画素あれば事足ります。 一般的なプリンターで綺麗に出すために必要と言われる解像度300dpi(dpiとは)でA4プリ ントすると、ピクセル数は870万画素です。 出力するために必要な解像度から、欲しいデジカメの画素数を考えてみられてはいかがでしょうか。


デジカメの起動時間

デジカメの起動時間というのは、電源をオンにしてから撮影できるまでの時間のことです。 デジカメが登場した当初は、電源をオンにしてもなかなか撮影できない機種も多々ありましたが、今ではコンパクトデジカメでも 素早く撮影に移ることができるようになりました。 新機種を買うときにはそれほど注意する必要はないと思いますが、中古品などを買うときには 気をつけたい点です。


AF性能と連写性能

私のように星や静物を撮る人は気になりませんが、動く被写体を撮る方には気になるのがAF性能です。 特にAFエリアの位置と連写性能は、この撮影用途でカメラを使うカメラマンにとって大切なポイントです。 店頭などで実機を触って動作を確かめてから買うことをお勧めします。

なお、どこのメーカーも高級機種になるにつれてAFエリアが広く、また連射性能が上がっていきます。 動体写真を主に撮る人は、高級な機種を買っておかれるのがベストでしょう。逆に言えば、風景や家族のスナップ ショットを撮るだけでしたら高級な機種は必要ないとも言えます。ご自分の用途でカメラは選びたいものです。


感度設定範囲

最近の一眼レフデジカメでは、常用感度(ISO)はISO6400まで設定できる機種が多くなりました。 実用できるかどうかは別として、特に変わったシチュエーションで撮る予定がなければ、これだけあればまずは十分だと思います。 少し以前までは、ISO1600で撮影できるEOSKissXがニュースになっていたほどですから、ISO6400というのにはカメラ内画像処理技術の進化を感じます。 これだけの感度があれば、少し暗い室内でも手持ちで撮影できます。 もし星を撮影されるのでしたら、感度設定範囲と共に、長時間露出したときのノイズ(暗電流ノイズ)の 多さも気にされた方がよいでしょう。

ちなみに銀塩フィルム時代でも、高感度のフィルムを使うと粒子が荒れてザラザラした写真になりました。 それと同じように、デジカメでもISO感度を上げるとノイズ(輝度ノイズ)が増えてしまいます。 感度を上げてもノイズが全く増えないCCDもしくはCMOSが登場すれば、暗いところでも簡単に写真が撮れるのですが、現実はなかなか難しいようです。


デジカメの価格

発売当時12万円ほどしたキャノンEOS60Dも、1年ほど経つと8万円台で買えてしまいます。 これほどデジカメの価格の変動は大きいのです。 デジタルカメラの登場と共に、銀塩カメラと違って、カメラは電化製品と同じような消耗品の一つとなってしまった感があります。

ですから上記にもしたとおり「欲しいとき」「デジカメが必要な時」が買い時だと私は考えています。 「いつか使うだろう」と思って買って保管していては、どんどん価値が下がってしまいますし、せっかくのカメラが宝の持ち腐れになります。 「必要な時は迷わず買う!」「買ったらその後の価格動向は気にしない!」というのが、一番ストレスがかからない買い方ではないでしょうか。 あまり価格ばかり気にしていては、いつまでも買えず、せっかくの貴重なシャッターチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

続きはデジタル対応のレンズ選び

デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメノイズ比較 デジカメのノイズとは 温度変化とデジカメノイズ 一眼レフデジカメの選び方 デジタル対応レンズとは 天体写真向きデジカメ 星景写真に人気のデジカメ 改造デジタル一眼レフ 冷却改造デジカメ キヤノンが人気の理由 デジカメの性能比較 撮像素子サイズ比較 冷却CCDサイズ比較 コンパクトデジカメ比較 フランジバック寸法一覧

デジカメ・レンズ関係

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D ニコンD3 ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

その他機材

記録メディアの速度比較 キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー 冷却CCDカメラ 冷却CCDとデジカメ比較 アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作