天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > 撮像素子サイズの比較

撮像素子サイズの比較

デジカメの撮像素子は、カメラによっていろいろなサイズのものが使われています。 一眼レフタイプのデジカメの場合、この撮像素子のサイズは大きく4種類に分けられます。

フルサイズ

35mmフルサイズとも呼ばれています。35mm判フィルムカメラと、同サイズの撮像素子(CCD,CMOS)が使われています。 撮像素子の大きさは24x35mmです。 35mm判フィルムカメラと同じ感覚で、ワイドの画角やボケ味を楽しめるデジカメです。

このフルサイズのCCDが使われたデジカメは高価で、各社のフラッグシップモデルにも使われています。 代表的なデジカメとしては、ニコンD3,ニコンD700やキャノンEOS5DMarkU,ソニーα900があります。


APS-Cサイズ

フィルムのアドバンスド・フォト・システム(APS)のCタイプとに近いサイズの撮像素子です。 デジカメの撮像素子の大きさは約15.6x23.7mmです。最も多くのデジタル一眼レフカメラが採用しているサイズで、 一番コストパフォーマンスが高い撮像素子です。

撮像素子がフルサイズと比べると小さいので、使用するレンズの焦点距離以上に望遠になって写ります。 レンズの焦点距離を約1.5倍すると、35mm判レンズの焦点距離に換算できます。 ニコンD90やD80、キャノンEOS60DやEOSKissX2、ペンタックスK20D等にも使用されているCCDサイズです。


APS-Hサイズ

フィルムのアドバンスド・フォト・システム(APS)のHタイプ相当のサイズの撮像素子です。 デジカメの撮像素子の大きさは約18.7x28.1mmです。フルサイズよりも小さく、APS-Cサイズよりも少し大きなチップ サイズです。

使用するレンズの焦点距離を約1.3倍することで、35ミリ判レンズの焦点距離に換算できます。 少し珍しいサイズの撮像素子なので、デジタル一眼レフカメラにはあまり採用されていません。 キャノンEOS1DMarkVに使われている撮像素子です。


フォーサーズ

フォーサーズ(4/3型)は、2002年にオリンパスとコダックが発表した、デジタルカメラ用レンズマウントの規格です。 撮像素子のサイズは13.5x18mmで、デジタル一眼レフカメラの中で一番小さなチップサイズです。 その分、デジカメ本体やレンズを小さく設計できる特徴があります。

この規格を使うと、レンズマウントを共有できるので、異なるメーカーのレンズやボディを組み合わせて 使うことができます。利点の多いフォーサーズですが、ユーザーにメリットがしっかり伝わっていないのが残念です。

他の規格と比べると、画面の縦横比(アスペクト比)が正方形に近くなっています。 オリンパス製のデジタル一眼レフカメラ(E-3やE-520など)に広く使われている撮像素子です。

デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメのノイズとは デジカメノイズ比較 温度変化とデジカメノイズ 一眼レフデジカメの選び方 天体写真向きデジカメ 撮影対象で選ぶデジカメ デジカメの性能比較 キヤノンが人気の理由 星景写真に人気のデジカメ 改造デジタル一眼レフ 冷却改造デジカメ デジタル対応レンズとは 星景写真とカメラレンズ 撮像素子サイズ比較 冷却CCDサイズ比較 コンパクトデジカメ比較 フランジバック寸法一覧

デジカメ・レンズ関係

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOS8000D キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF8-15mm F4L キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D ニコンD3 ニコンD810A ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

その他機材

記録メディアの速度比較 Data Recovery Wizard レビュー キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー 冷却CCDカメラ 冷却CCDとデジカメ比較 アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作