天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > ペンタックス100SDUFII

ペンタックス100SDUFIIのレビュー

このペンタックスの100SDUFシリーズは、「ツチノコ」という愛称が付けられるほど天体写真ファンに人気があった天体望遠鏡です。 私が所有していたペンタックス100SDUFUは、SDUFシリーズの3代目であり、1代目は100EDUF、2代目は100SDUFでした。 ユーザーの要求に合わせて、少しずつ改良されてきた撮影専用の望遠鏡です。

下がそのペンタックス100SDUFUの写真です。 私はこれを淡く広がる星雲・星団撮影用の機材として使用していました。 ペンタックスらしい造りの良さで、綺麗なパールホワイトの鏡筒色とスムーズな直進ヘリコイド装置に感動しました。

ペンタックス100SDUFII


ハレー彗星と一緒にやってきた望遠鏡

初期型であるペンタックス100EDUFは、ハレー彗星が地球に接近した時に発売されました。 当時は、明るさF4という天体望遠鏡はほとんど皆無でしたので、 10センチの屈折で明るさがF4というハイスピードなスペックを武器に、爆発的にヒットしたのを覚えています。

ハレー彗星が接近した頃は、まだオートガイダーが一般的ではなかった時代ですので、 高感度フィルムを使って露出時間を極力短くし、人間の手でガイド修正しながら撮影するのが当たり前の時代でした。 その中でこの速写性を持ったペンタックス100EDUFが発売されたのですから、 大ヒット商品になったのもわかる気がします。

初期形のペンタックス100EDUFは、銀塩フィルムでの撮影でも輝星に青ハロが発生し、周辺減光も目立ちました。 2代目のペンタックス100SDUFになって青ハロはほとんどなくなり、周辺減光もかなり減っています。 この3代目のペンタックス100SDUFIIになって、レンズの曲率とコーティングを見直し、ゴースト等が発生しにくくなっています。


ペンタックス100SDUFUとペンタックス67

この望遠鏡はほとんど写真撮影専用の鏡筒です。 そのため、実際に使用するときには、ペンタックス67を接眼部に 取り付けて使用していました。 望遠鏡の内部構造は下のようなペッツファールタイプで、現在のタカハシFSQ106EDなどと同じような構造をしています。

ペンタックス100SDUFII

このペンタックス望遠鏡を観望用に使ったことはありません。この望遠鏡の取り扱い説明書 にも「写真専用設計のため眼視では色収差や像の甘さが出る」等と書かれていました。 明るく広視野を得やすいのは魅力的ですが、星野写真用としても使わないとこの望遠鏡の魅力が半減するかもしれません。

前モデルと比べると周辺減光が改善された100SDUFIIですが、ラージフォーマットのカメラで撮影すると目立つことがありました。 そこで、鏡筒に絞りを入れて、F5まで絞って主に撮影していました。 こうすると明るさは犠牲になりますが、中判カメラの隅までフラットに近い光量になりますので、画像処理しやすくなりました。 ただ現在のデジタル機材と組み合わせるなら、絞りを入れるよりも、フラット補正で周辺減光を補正した方がやりやすいでしょう。


デジタル一眼レフカメラとペンタックス100SDUFU

ペンタックス100SDUFIIとデジタル一眼レフカメラと組み合わせて撮影すると、輝星に若干青ハロが出てしまいました。 100SDUFIIは、SDレンズを使った優秀な光学系ですが、デジタルでは色収差などがシビアに反映されてしまいます。 しかし星像自体は望遠レンズよりもシャープですから、 青ハロがそれほど気にならなければ十分にデジタルでも使用できると思います。

ブロードバンド撮影だけでなく、その明るさを活かして、 冷却CCDカメラや冷却改造デジタル一眼レフカメラを使ったHαナローバンド撮影に使うのにも面白いかもしれません。 最近では、青ハロを低減するL41フィルターなども販売されていますので、そうしたフィルターを有効に使って撮影を楽しむのも良さそうです。


スムーズなヘリコイドとしっかりした作り

ペンタックス天体望遠鏡の最高峰と言えばSDPシリーズですが、 100SDUFIIにも、その最高機種と同様の使い心地と造りの良さを味わえます。 この天体望遠鏡の使用感はすばらしく、丁寧な造りと美しい塗装は持つ喜びを感じられる製品だと思います。

日頃のメンテナンスについては、屈折望遠鏡ですからほとんどメンテナンスフリーで大丈夫です。 アルミトランクケースも標準で付属しているので、持ち運びにも便利です。 デジタル機材に移行してからは人気が落ちてしまっていますが、程度のよい中古品を購入できればお買い得感が得られることでしょう。 ペンタックスは天体望遠鏡業界から撤退してしまいましたが、これだけの高品質の望遠鏡は他社には作れないでしょう。


ビクセンで蘇ったペンタックス魂

ビクセンVSD100F3.8 ペンタックスが天体望遠鏡界から撤退した後、ビクセンがペンタックスと鏡筒に関する特許権などの譲渡契約を結んだと発表しました。

その後、ペンタックスの技術を取り入れて製作されたのが、ビクセンのSDP版とも言える「 V−SDP125」です。 残念ながら市販される予定はないようですが、カメラの祭典CP+の会場で注目を集めていました。

そして、アイソン彗星が近づく2013年に発表され、秋に実際に発売開始されたのが、 ビクセンVSD100F3.8です。 まさにペンタックス100SDUFIIの後継機とも言える仕様で、 デジタル機材に合わせたレンズ構成になって登場しました。 スムーズなヘリコイドもそのままで、ペンタックス天体望遠鏡ファンにとっては注目の一台でしょう。

予想していたよりも価格が高く、市場の反応はもう一歩のようですが、 ビクセンVSD100F3.8が市場に受け入れられれば、SDPシリーズの復活もあり得るかもしれません。 ペンタックスが築き上げた技術が受け継がれて、 より魅力的な天体望遠鏡が発売されるのを心待ちにしています。

※撮影機材のページに追加した、ビクセンVSD100 F3.8レビューのページもご覧ください。

ペンタックス100SDUFIIのスペック

名称 ペンタックス100SDUFII
有効径 100mm
焦点距離、F値 400mm、F4
レンズ構成 4群4枚(SDレンズ1枚)
集光力、分解能 肉眼の204倍、1.16秒
イメージサークル φ88mm(67サイズをカバー)
大きさ、重さ 外径115mm、長さ497mm、4.2キロ
付属品 専用アルミトランクケース
希望小売価格 ¥330,000(税別)※2008年当時

デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメの性能比較 一眼レフデジカメの選び方 天体写真向きデジカメ 撮影対象で選ぶデジカメ キヤノンが人気の理由 星景写真に人気のデジカメ 星景写真とカメラレンズ 改造デジタル一眼レフ 撮像素子サイズ比較 コンパクトデジカメ比較 デジカメと天対望遠鏡の最新情報

デジカメとノイズ

デジカメのノイズとは 温度変化とデジカメノイズ デジカメノイズ比較 冷却改造デジカメ

デジカメのレビュー

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS6D キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOS8000D キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX ニコンD3 ニコンD810A ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

レンズのレビュー

キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF8-15mm F4L キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 105mm F1.4 DG HSM シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマ 20mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D デジタル対応レンズとは

冷却CCDカメラ関係

冷却CCDカメラとは 冷却CCDとデジカメ比較 冷却CCDサイズ比較 フランジバック寸法一覧

その他の撮影機材

記録メディアの速度比較 星空撮影用ソフトフィルターの比較 キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作 Data Recovery Wizard レビュー