天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > 天体写真向きデジカメの選び方

天体写真に向いたデジカメの選び方

天体写真の世界でも、デジタル一眼レフカメラをはじめとしたデジタル機材に人気が集まっています。 銀塩カメラ撮影の最後の砦と考えられていた星景写真の分野でも、フルサイズデジタル一眼レフカメラが撮影の主流になりました。 高感度ノイズが減るにつれ、デジカメを使った多様な星空の撮り方が生まれてくるでしょう。 そうした天体写真撮影に向くデジカメを考えてみました。


コンパクトデジカメで撮れる月

コンパクトデジカメ 一眼レフデジカメやミラーレスでなければ撮影できない思われがちな天体写真ですが、 月や明るい惑星なら、望遠鏡にコンパクトデジカメを取り付けて撮影することができます(コンパクトデジカメで撮った月もご覧ください)。 一般的に長時間ノイズが多いコンパクトデジカメですが、月は明るく、速いシャッターが切れるからです。

月を撮るためのコンパクトデジカメを選ぶ際は、 購入しようと考えているデジカメの形状が、天体望遠鏡の取付アダプターに対応しているかが、機種選択のポイントになります。 デジカメを手で持っても撮影することができますが、できれば今後のことを考えて、 接続アダプターに対応した機種を選んでおくことをお薦めします。 こうした接続アダプターは、様々な種類が販売されていますので、 天文ショップ等で、どのような製品があるか問い合わせてみるのがよいでしょう。

最近では、星空撮影モードを備えたハイエンドコンパクトが登場しています。 こうした撮影モードを使用すれば、自動で軌跡写真を作成してくれるので、星空の撮影を手軽に楽しめます。 画質は、最新のデジタル一眼レフカメラには及びませんが、 旅行先など、どこでも星空撮影にチャレンジできるのがコンパクトの利点です。 コンパクトデジカメにこのような機能が付けられるようになったのは、 それだけ星空撮影が身近になったということでしょうね。


ミラーレスの人気が出てきた

オリンパス ミラーレスカメラ コンパクトデジカメの画質では満足できないユーザーに人気があるのが、ミラーレスカメラです。 ミラーレスとは、文字通り「鏡がない」という意味で、 一般的に、デジタル一眼レフカメラのフレックスミラーやペンタプリズム部分を取り除いた構造で、 レンズ交換ができるデジタルカメラを指しています。

ミラーレス一眼の利点は、光学式ファンダーが必要ないので部品点数が減り、カメラボディを小型・軽量化できることです。 また、フランジバックが短いので、レンズの光学設計の自由度が高まるという利点もあります。

ミラーレスカメラが登場した頃は、高感度ノイズが多かったり、露出時間に制限が設けられた機種が多く、 ミラーレスは星空撮影に不適とされていました。 しかし、現在では35ミリフルサイズセンサーを持つミラーレスカメラも登場し、そのような問題は払拭されつつあります。

ミラーレスカメラが注目される理由の一つに、星空撮影の機器として、ポータブル赤道儀の人気が高まっていることがあります。 ポータブル赤道儀は、通常の赤道儀に比べて搭載可能重量が小さいため、小型軽量のカメラの方が有利です。 軽量でコンパクトなミラーレスカメラなら、このような用途にも対応できるため、 星空撮影用として、ミラーレスの人気は高まりつつあります。 これからのミラーレスは、デジタル一眼レフカメラと並んで、天体写真撮影でのメインカメラとなりそうな勢いです。

ソニーα7s ミラーレスカメラを天体撮影用として購入する際には、 露出時間に制限がないかを確認しましょう。 機種によっては、バルブ機能の設定がないものや、最長露出時間が仕様で決められている場合があります。 星空の撮影用として考えるなら、なるべくそのような制限がないカメラをお勧めします。

また、デジタル一眼レフカメラと同様、長時間ノイズと高感度ノイズが少ないミラーレスカメラを選んでおくと安心です。 長時間ノイズについては、購入前に調べるのは難しいですが、 雑誌のレビュー記事などを参考にするとよいでしょう。 常用できるISO感度の最高値が高いかどうかという点も、ノイズが少ないカメラを選ぶ目安になります。

最後に、交換レンズのラインナップもミラーレスを選ぶ際のポイントです。 星空撮影には、開放F値の明るい広角レンズがよく使われるので、 購入予定のミラーレスカメラのレンズに、明るいレンズが用意されているかどうかも判断基準の一つになります。 機種によっては、マウントアダプターを使用すれば、一眼レフカメラ用のレンズが使える場合もあるので、 その辺りも含めて最適な一台を探してみてはいかがでしょうか。


一眼レフデジカメはノイズの少ないものを

キヤノンEOS70D 天体望遠鏡や望遠レンズを使って、馬頭星雲アンドロメダ銀河をはじめとした、 夜空で輝く宇宙の天体を撮ろうと思うと、コンパクトデジカメで撮影することは難しく、デジタル一眼レフカメラの登場となります。

星雲や銀河の撮影には、星空よりも長い露光時間が必要になりますので、 撮像素子サイズが大きく、ノイズ特性の優れたデジタル一眼レフカメラの方が適しています。 センサーの大きなミラーレスカメラも使用することは可能ですが、 望遠鏡との接続アダプターに制限があるものが多いので、現状では、デジタル一眼レフカメラを選ぶのが無難と言えます。

デジタル一眼レフカメラを選ぶポイントですが、画素数が増えるほど解像力が向上し、星雲や銀河のディテールを捉えることができますが、 天体写真用と考えた場合、高画素化によるノイズの増加が気になります。 これは、デジカメの選び方でも記載している通り、 高画素化によって撮像素子のセル一つずつが小さくなり、 1セル当たりに入射する光の量が減ってしまうからです。 淡い光を捕らえる天体写真では、撮像素子であるCCDやCMOSの1つ当たりのセルになるべく多くの光を当てて、 ノイズの少ないS/N比の高い画像を得ることが重要です。

しかし最近は、画素数が高くなったにも関わらず、常用ISO感度も高いデジタル一眼レフカメラが登場してきました。 画素数が多いから長時間ノイズや高感度ノイズが多いとは一概に言えなくなってきており、 雑誌のレビューやネットの評判を参考にして、天体撮影に向いた機種を探すのが良さそうです。

結論としては、画素数にはそれほどこだわらず、長時間ノイズと高感度ノイズが少ないデジタル一眼レフカメラを選ぶことが大切です。 天体望遠鏡とデジカメを接続して、星雲や銀河の撮影を予定している場合は、 購入予定のカメラメーカー用のオプションパーツが、天体望遠鏡メーカーに用意されているかもチェックしましょう。


バルブ機能は必須

キヤノンのバルブ機能 天体写真の世界では、30秒以上の長時間露出がよく使用されています。 場合によっては、30分や1時間以上も露出することもある写真分野ですから、 シャッターをずっと開けて露光するためのバルブ機能は必須です。

最近の一眼レフデジカメでしたら、バルブ機能は大抵備わっていますが、 中古市場などで古い機種を選ばれるときは注意した方がよいでしょう。 また、バルブでの撮影中、ずっとシャッターを押さえているわけにはいきませんから、 従来のレリーズに当たる、何らかのリモートコントローラーが使える機種を選びましょう。

リモートコントローラーは、「何秒露出で何枚撮る」というように、 インターバル撮影機能を設定できるタイマー式コントローラーがお勧めです。 タイマーを利用できれば、露出中にレリーズを切る時間を気にする必要がなくなるため、撮影が随分と楽になります。 また、最近はデジカメ本体にインターバル機能が設けられた機種も登場しています。

キヤノン製カメラ用としては、「タイマーリモートコントローラーTC-80N3」が、天体写真ファンに人気があります。 本来はキヤノンEOS6Dをはじめとした上位機種にしか使えないコントローラーですが、 EOSKissシリーズや、EOS60D等の機種にも使用できるように追加加工したオリジナル製品が、望遠鏡販売店などで販売されています。 できればカメラメーカーから純正品が出て欲しいところですが、 このようなオリジナル製品を利用してもよいでしょう。

また、最近では中国製の廉価なリモートコントローラーも登場しています。 私はJJC製TM-CというEOSKissシリーズ用の廉価版コントローラーを購入して、 キヤノンEOSKissX7やEOS60Dの撮影時に使用しています。 撮影時間の設定方法などが、TC-80N3とは多少異なりますが、基本的な機能は同じなので同じ用途に使えます。 純正品でないため耐久性に不安は残りますが、Amazon などで純正コントローラーTC-80N3の半額程度で販売されていますので、 コストを抑えたい方にはお勧めできる商品かもしれません。


ライブビュー機能

ライブビューでピントあわせ中 天体写真の世界では、被写体が暗いため、カメラのAF機能は使えません。 そのため、マニュアルでのピント合わせが基本となります。

しかしデジカメのファンダーは暗く、視野の倍率も低いため、 ファインダー越しではなかなかよいピントは得られません。 そのため、星空の撮影でピントを合わせる際は、短い露出時間でテスト撮影した後、 デジカメのモニター、もしくはパソコンモニターで星の写り具合を確認し、 少しずつピントを追い込んでいく手法が採られていました。

そのような中、デジタル一眼レフカメラに、ライブビューモードと呼ばれる機能が搭載されるようになりました。 ライブビュー機能は、デジカメ背面の液晶モニターで、 撮像素子が現在捕らえている画像をリアルタイムで表示させる機能です。 コンパクトデジカメのモニターと同じと考えれば、わかりやすいでしょう。 2005年頃は珍しかったライブビュー機能ですが、最近のデジカメには、ほぼ標準で搭載されています。

このライブビューモードには、拡大表示機能が付いているので、 液晶モニターに表示されている星像を拡大することができます。 この機能を使うことで、天体撮影時のピント合わせが容易にできるようになりました。 従来ようにのように、まず撮影してそのデーターで星像を確認し、 またテスト撮影・・・という作業を繰り返す必要がなくなりましたから、ピント合わせがより簡単になりました。
※もし中古市場で天体写真向けのデジタル一眼レフカメラを選ばれるなら、 この機能が付いたデジカメを選ぶことをお勧めします。

また、キヤノンEOS60DやEOS5DMark2のように、パソコンとデジタル一眼レフカメラをUSBケーブルで繋げば、 パソコン画面上でライブビュー画像を見ながら、パソコン側からフォーカスを調整できる機種もあります。 これは便利な機能ですので、撮影時にパソコンを使える環境なら、 このようなパソコンとの親和性を考慮したカメラを選択するのもよいでしょう。 Wi-Fi機能を内蔵した機種も登場して、デジタル一眼レフカメラはますます便利になり、 天体写真が身近になった気がします。


バリアングルモニターは便利

ニコンD750のモニター 星空の撮影時は、レンズを真上に向けて撮影することが多いので、 デジカメの液晶モニターでライブビュー画像を確認しようと思うと、しゃがみ込んで下から覗かなければなりません。 特に屈折望遠鏡にカメラを接続して星雲や銀河を撮影していると、 カメラが地面すれすれということも起こりえます。

このような状況のときに便利なのが、可動式の液晶モニターです。 可動式のモニターには、バリアングル式やチルト式など様々な方式がありますが、 レンズを上に向けたときに、液晶画面が上に向くタイプが便利でしょう。 天体撮影には便利な機能なので、同じような機種で迷っている場合には、 液晶モニターが可動式がどうかで、機種を選ばれてはいかがでしょうか。

ちなみに液晶モニターが固定式の場合は、USBケーブルでパソコンと繋ぎ、 パソコンの液晶モニター上で画像を確認すると、無理な姿勢を強いられず楽に撮影を行えます。 なお、ニュートン反射望遠鏡の場合は、カメラを望遠鏡の横に取り付けるため、 可動式モニターのメリットは、あまり感じられないかもしれません。


改造できるモデルを

直焦点撮影で撮ったバラ星雲 夜空には赤く光る「星雲」という天体がたくさん輝いています。 これは私たち銀河系の中に存在する、星間ガスが光っているのですが、大きく美しいので、天体写真ファンの被写体として抜群の人気を誇ります。 有名なばら星雲(右写真)オリオン星雲もその一つです。

しかしこれらの赤い星雲は、通常市販されているデジカメで写すと、淡くしか写ってくれません。 これはデジカメのセンサーの前に付いているローパスフィルターが、この星雲が光っている波長のほとんどをカットしてしまうからです。

そのため、市販されている一眼レフデジカメのフィルターを、天体写真撮影用フィルターと交換するサービスが人気を呼んでいます。 これは一般的にIRフィルター改造と呼ばれ、2万円〜数万円程度の費用で行うことができます。 雑誌のギャラリーで見かけるデジタル一眼レフで撮影された赤い星雲写真は、ほとんどがこのIRフィルター改造後のカメラで撮影されています。 私が以前撮影した北アメリカ星雲の写真も、 IRフィルター改造したニコンD50で撮影したものです。

はじめからIRフィルターを換装する必要はありませんが、本格的に天体写真を撮影することをお考えなら、 今後のためにIRフィルター改造に対応した機種を購入しておくことをお勧めします。 また、改造後はメーカー保証がなくなり、天体写真専用デジカメとなりますので、高級機種を購入して改造するのはリスクが大きいでしょう。 そのため、天体写真撮影用の一眼レフデジカメとしては、キヤノンEOSKissXシリーズのような、比較的安価なモデルに人気が集まっています。


メーカー純正天体撮影モデル

キヤノンEOS60Da 赤い星雲を色鮮やかに写すには必須とも言える上記のIRフィルター改造ですが、 このようなデジタル一眼レフカメラの改造には、メーカー保証がなくなってしまうというリスクがあります。 もしカメラメーカーからフィルターを換装した純正モデルが出てくれたら・・・と思っていた時に登場したのが、 キヤノンEOS20Daでした。

キヤノンEOS20Daは販売終了してしまいましたが、2012年の春になって新しい天体撮影用カスタムモデルEOS60Daが登場しました。 このような天体撮影カメラを使えば、動作不良の場合はメーカー保証が受けられ、安心して本格的な天体撮影も楽しむことができます。

また、キヤノンEOS60Daは実勢販売価格が13万円前後と抑えられているので、 望遠鏡販売店で発売されているフィルター改造EOS60Dと それほど変わらない価格で購入することができます。 赤い星雲の写りは改造モデルより若干劣るようですが、 良好なカラーバランスで、天体撮影に使いやすいカメラのようです。 これから天体撮影を本格的に始めてみようという方には、最適の一台ではないでしょうか。
※EOS60Daの販売は終了しました。


ニコン純正天体撮影モデル

ニコンD810Aデジタル一眼レフカメラ キヤノンEOS60Daの生産が終了し、天体撮影の主流がフィルター改造カメラに戻った頃、 ニコンから同社初の天体撮影専用モデル「ニコンD810A」が発表されました。

ニコンD810Aのセンサーには、赤い散光星雲が放つ光の波長を通りやすくした、 天体撮影専用のフィルターが用いられています。 赤い星雲の写りはフィルター改造カメラとほぼ同等で、 赤い星雲の写りが若干悪いという意見もあった、キヤノンEOS60Daよりも星雲が写り易くなりました。 また、フィルター改造カメラで問題になりがちな、輝星のゴーストも抑えられているのも特徴です。

その他、D810Aには長時間露出モードや、赤色の水準器表示モードなど、星空撮影に使い易い機能が装備されています。 D810Aは、35ミリフルサイズセンサーが用いられたD810がベースになっているため、 販売価格が高くなっていますが、一般撮影でも良好なカラーバランスを維持しているので、 カメラ一台で、天体と一般被写体を撮影したい方にお勧めの機種だと思います。


星空撮影に向いたデジカメ:まとめ

天体望遠鏡や望遠レンズを使って、赤い星雲や銀河を撮影を楽しみたい場合は、 フィルターを天体用に換装できるモデルがお勧めです。 具体的には、キヤノンやニコンのAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラがよいでしょう。

ペンタックスやソニー製のカメラも魅力的ですが、 フィルターの改造サービスを受けにくい難点があります。 また、タカハシ製の天体望遠鏡とカメラを接続する場合、 同社のカメラマウントDXは、ニコンやキヤノンの製品にしか対応していません。 このようなオプションの充実度にも注意しながら、目的に合った機種を選ぶ方が安心です。

星景写真や星空の写真を撮ることが目的なら、フィルターの換装は必ずしも必要ではありません。 ノイズが少なく長時間露光できるデジタルカメラなら、どんなモデルでも星空撮影に使用できます。 しかし、もしコンテスト入選を目指して本格的に星景写真を撮影するご予定なら、 フルサイズデジタル一眼レフカメラがノイズが少なく、広視野が得られやすいので有利です。

旅行時に星空を気軽に写したいなら、コンパクトなミラーレス一眼カメラが向いています。 レンズのラインナップが充実したメーカーの機種を選んでおくと、 末永く星空撮影を楽しめると思います。 コンパクトデジカメの中には、星空撮影機能が付いたモデルが登場していますので、 携帯性を重視する場合は、このような機種も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

天体写真向きデジカメの具体例

キヤノンEOSKissX7i
キヤノンEOS Kiss X7i

キヤノンkissシリーズは、天体写真撮影用として、昔から人気のあるデジタル一眼レフカメラです。 人気の理由は、低ノイズと低価格、それに天体写真撮影に使いやすいアイテムが豊富な点です。 この機種には、画素数が多い液晶モニターとライブビュー機能が搭載されているので、 ピント合わせがし易くなりました。

星雲や星団の撮影に人気のKissシリーズですが、 まずはノーマル機で天体撮影してみてから、天文ショップにフィルター改造を依頼する方が多いようです。 液晶モニターはバリアングル式が採用されるのもポイントです。 後継機のEOSX8iが登場したので、手に入れやすい価格になっているのも魅力です。

Amazon


ニコンD5500
Nikon D5500 ボディー

ニコンD5500は、DXフォーマットで2416万画素のCMOSセンサーが用いられたデジタル一眼レフカメラです。 より高解像を狙ったローパスレス仕様です。 常用ISO感度は、ISO25600まで用意されています。 さすがに最高感度ではノイズが非常に多くなってしまいますが、天体の位置の確認などに威力を発揮します。

D5500には、天体撮影に使い易いバリアングル液晶モニターが使用されています。 タッチパネル式が採用されているので、目的のメニューを容易に呼び出すことができて便利です。 なお、一つ前の機種「ニコンD5300」はお手頃価格が魅力です。

Amazon


キヤノンEOS6D
キヤノンEOS6D

2012年秋に発表されたのが、キヤノンのフルサイズデジタル一眼レフカメラ、キヤノンEOS6Dです。 画素数はEOS5DMarkIIやEOS5DMarkIIIよりも若干少ないものの、 高感度ノイズが大変少ないので、星景写真ファンに高い人気があります。

最近では、天体撮影用にフィルターを換装して、赤い星雲や銀河の撮影にもよく使われています。 キヤノンEOS5DMarkIIIと比較すると、販売価格もこなれていているのもEOS6Dの魅力です。 液晶モニターが固定式なのは残念ですが、現在、星空撮影に最も適したカメラの一つだと思います。

Amazon


ニコンD810A
ニコンD810A

ニコンD810Aは、2015年5月末に発売開始されたニコン初の天体撮影専用のデジタル一眼レフカメラです。 従来のメーカー純正モデルと比べて、赤い星雲の写り具合を改造機と同等程度まで高めており、 ハイアマチュアにも満足できる天体撮影用カメラに仕上がっています。

35ミリフルサイズセンサーが用いられたニコンD810がベース機となっているため、 価格が高いのは残念ですが、画素数が3630万画素と多く解像度が高いにもかかわらず、長時間ノイズが少ないのが魅力です。 また、天体撮影に便利な長時間撮影モードなどを備えています。 モニターは固定式ですが、長く愛用できるメーカー純正の天体用カメラだと思います。

Amazon


デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメのノイズとは デジカメノイズ比較 温度変化とデジカメノイズ 一眼レフデジカメの選び方 天体写真向きデジカメ 撮影対象で選ぶデジカメ デジカメの性能比較 キヤノンが人気の理由 星景写真に人気のデジカメ 改造デジタル一眼レフ 冷却改造デジカメ デジタル対応レンズとは 星景写真とカメラレンズ 撮像素子サイズ比較 冷却CCDサイズ比較 コンパクトデジカメ比較 フランジバック寸法一覧

デジカメ・レンズ関係

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOS8000D キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF8-15mm F4L キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 20mm F1.4 DG HSM シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D ニコンD3 ニコンD810A ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

その他機材

記録メディアの速度比較 Data Recovery Wizard レビュー キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー 冷却CCDカメラ 冷却CCDとデジカメ比較 アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作