天体写真の世界 > 過去ログ管理 > キャノンの新型デジカメ

過去の話題

過去の星空日誌やつぶやきのログを、まとめているページです。 撮影に関する情報や天体望遠鏡の選び方、それに旅行などの情報が詰まったページです。 何かの情報収集になれば幸いです。 各ページへは、左のトッピクスリンクからお進みください。

残念ながら分野ごとにリンクを分ける時間はありませんでしたので、左のリンクはランダムになっています。 知りたい内容がお決まりでしたら、天体写真の世界トップページの検索から、こちらの内容も検索することができますので、 そちらをご利用頂くのが早いと思います。

キャノンの新型デジカメ

2005年08月23日

昨夜から今日の明け方にかけて、猛烈な雨に見舞われました。あまりにも雨脚が強いので、家からも出られない状態で大変な朝でした。大型台風も近づいているようですし、天候の急激な変化には気を付けないといけないですね。

少し前から噂になっていたキャノンの新型デジ一眼「EOS5D」が発表されました。「今度のデジカメは1000万画素を越してくるだろう」という予想通り、1280万画素のフルサイズCMOSセンサーを使っています。また、センサーだけでなく本体もいろいろと多機能になっているようです。1D以外の機種にフルサイズCMOSが搭載されたことで、今後はハイアマチュアの世界でもフルサイズセンサが主流になるのでしょうかね。そうなるとニコンのDXフォーマットはどうなるのでしょう・・・。ニコンも追従したら、早々とDXレンズ買い揃えた人はショックでしょうね。それにしてもキャノンはデジタルカメラの分野では強いですね〜。私も機会があったらキャノンデジタルを使ってみたいものです。メーカさん貸してくれないかな(笑)。

トピックス一覧

プリントのシャープ感 疲れが取れない ε-180ED 星空を求めて 真夏日 彗星の核 天の川が見える場所 屋久島の写真 黄砂で環境破壊 チューリップの季節 プリンターのランニングコスト 接近中の彗星 新春セール 南の回転花火銀河 木星の様子 シュミカセ望遠鏡レビュー Webサイトの作成 シュミカセ望遠鏡 皆既日食 鶴姫公園 デジタル機材の導入 木星の移り変わり 主鏡の清掃方法 日本の気流 木星面の変化 冷却CCD撮影入門続編 星景写真 春の気配 濃霧に注意 ポイマンスキー彗星 リアルタイム予報 タカハシTSA-102 カメラの保管場所 宇宙の写真 撮影旅行 キャノンEOS30D 新兵器 神戸空港の利用方法 デジタル一眼の画像処理 コダックフィルム 冷却CCD撮影入門 魔女とは 写真展 ペンタックス67レンズのレビュー カメラ業界の変遷 フラット撮影用機材 氷の祭典 プリント鑑賞光 土星の環 ニコンD200の人気度 成人の日 今年の抱負 しぶんぎ座流星群 初詣お勧め神社 謹賀新年 2005年の出来事 大晦日前 ハーバーランドのクリスマス クリスマスのイルミネーション 大雪で大混乱 人気ホームページへ 天体写真の撮影機材 究極の天体写真 遠ざかる火星 タカハシEM400赤道儀 オリオン星雲 師走 京都の紅葉 クリスマスムード カリフォルニア星雲 ピリオディックモーション 神戸の日 体育の日 秋晴れはいつ ハチ高原 火星の大シルチス 気流の善し悪し 火星を撮影 大芦高原 火星の黄雲 サーチライト照明 火星の撮影 南天の銀河 阪神タイガース優勝 秋の気配 秋分の日 火星を見よう アンドロメダ 最後のチャンス 選挙戦 今夜の天気 秋雨前線 夏休み最終日 星空天気予報 宮内双眼鏡BJ100iCE キャノンの新型デジカメ