天体写真の世界 > デジタル一眼レフカメラの比較

デジタル一眼レフカメラ比較と天体写真

天体写真の世界でも、デジタルカメラを使って写真を撮るのが当たり前になってきました。 特に最新のデジタル一眼レフカメラが大人気で、カメラレンズを使って星空を撮ったり、天体望遠鏡に 接続して星雲を狙ったりと大活躍しています。このページでは、そのデジタル一眼レフの性能の比較や選び方について記載しています。


デジタル一眼レフカメラの天体写真適正

デジカメ TOPICS
ニコンD810を発表

デジタル一眼レフカメラが市場に出始めた頃は、長時間ノイズが多くて星空撮影には使い物になりませんでした。 しかし、新しい機種が登場するにつれてノイズが減り、最新機種では、長時間撮影時のノイズが大幅に減っただけでなく、 高感度撮影適正も驚くほど向上しています。 現行のデジタル一眼レフカメラなら、気温が高い夏の時期でも、天体写真撮影によく使われる10分程度の長時間露出にも 十分に耐えうる性能を持っています。 また、従来からある天体専用の冷却CCDカメラと比べて、デジタル一眼はハンドリングが良いことも魅力です。

しかし、市販のデジタル一眼レフカメラは、撮像素子センサーの前に取り付けられているローパスフィルターの関係で、赤い星雲が 写りにくくなっています。そのため、赤い散光星雲の写真を撮る天体写真ファンは、ローパスフィルターを交換 した改造デジタル一眼レフカメラで撮影しています。

最近ではライブビュー機能や14ビット階調を持ったデジタル一眼レフカメラが一般化し、デジタル一眼の人気がますます高まってきました。 これから天体写真を始められる方にも、お勧めできるカメラです。


デジタル一眼レフカメラの選び方

キヤノンEOS70Dデジタル一眼レフカメラ デジタル一眼レフを天体写真に使うとき、まず始めに気になるのが長時間ノイズの量です。 これは左のデジカメノイズ比較ページをご覧頂ければわかるとおり、デジカメの機種ごとに大きく違っています。 この長時間ノイズのなるべく少ない機種を買うのが、楽をしてよい天体写真を撮るコツともいえます。

新しく発売された最新のデジタル一眼レフカメラについては、長時間ノイズのレポートが天文誌によく掲載されています。 万全を期すならそれをチェックしてから買うのがよいでしょう。 このサイトでも、デジタル一眼レフカメラのノイズの量やレビューを掲載していますので参考にしてください。

参考までに天体写真撮影用に現在で最も人気があるデジタル一眼レフは、キヤノンのEOSKissデジタルシリーズです。 これはノイズが他機種に比べて少ないことと、低価格なのが大きな理由でしょう。 私が使っていたキヤノンEOSKissDXは、たくさんの方が天体写真撮影用として使用していました。 最近登場したEOSKissX4やX5も、変わらず天体写真ファンに人気があります。 キヤノンEOSKissデジタルXやその他のデジカメの特徴については、左のリンクからご覧ください。

ニコン製デジタル一眼レフカメラの中では、ニコンD40や一つ前のニコンD50が低ノイズデジタルカメラとして人気がありました。 35ミリフルサイズCCDが使われたニコンD3やニコンD700も優れた高感度特性や、低ノイズのデジカメとして有名ですが、 価格が高いのでフィルター改造に踏み切る人は少ないようです。


天体写真専用デジタルカメラ

冷却CCDカメラ 天体写真を撮るための専用のデジタルカメラとしては、冷却CCDカメラがあります。 生産数が少ないので高価なカメラですが、モノクロタイプのCCDセンサーが使えるなど、天体写真に魅力的あふれる仕様になっています。 天体写真専用なので一般写真には使えませんが、改造をしなくても全ての天体を綺麗に撮ることが出来ます。

この冷却CCDカメラを使うには、必ずパソコンが必要になります。ファインダーというものも存在しないので、 デジタル一眼レフカメラと違って初めは少々使いにくいカメラです。

しかし天体写真を撮るに当たって、使い勝手が悪いかというとそうでもなく、 慣れてしまえばデジタル一眼レフカメラを使うよりも素早く構図合わせやピント合わせが可能です。 天体望遠鏡と組み合わせて、究極の天体写真を撮りたい方にはお勧めのデジタルカメラです。

このカメラの特徴は冷却CCDカメラのページで詳しく書いていますので、左のリンクからご覧ください。 また私が使っている冷却CCDカメラST2000XMのページも是非ご覧ください。


デジカメ対応レンズ

デジカメ対応レンズ 銀河や星雲をクローズアップして撮影するときには、天体望遠鏡を使って撮影できますが、 星座や天の川といった広い範囲を撮ろうと思うと、カメラレンズを使う必要がでてきます。 しかし星は点像ですから、天体写真ファンはレンズの収差に非常にシビアです。なかなか満足できる性能のレンズがありません。

また銀塩一眼レフカメラからデジタル一眼レフカメラへと移り変わるときには、デジタルの性能を満足できない レンズが数多く登場しました。最近ではデジタル対応のレンズがほとんどになりましたが、中には収差の多いレンズも残っています。

カメラレンズで星を撮るというのは、撮影ごとにコマ収差や周辺減光の出方をテストをしているようなものです。 レンズの性能がいち早くわかりますから、レンズ選びの参考にもなるのではないでしょうか。 左のリンクのページには、星の撮影に使ったレンズを実際の撮影画像と共に載せていますので是非ご覧ください。


デジカメ向けの天体望遠鏡

ε-180天体望遠鏡 デジタル一眼レフが天体写真撮影の主流になって、当初困ったのが天体望遠鏡メーカーです。 カメラレンズでも同じことですが、従来の天体望遠鏡はデジカメ対応ではなかったため、 性能がよいと言われていた撮影用望遠鏡でも、色収差などが目立つ機種が出てきました。 デジカメが主流になって、天体写真撮影に使いにくい機種が出てきてしまったのです。

そこで、天体望遠鏡メーカーも相次いでデジカメ対応の天体望遠鏡を開発・発売しました。 デジカメは長時間露出するとノイズが沢山出てきてしまいます。 そのため、デジタル一眼レフカメラが登場してからは、F値の明るい天体望遠鏡に人気が集まりました。 その火付け役となったのが、ε-160を始めとするイプシロン光学系でした。

最近では、どの天体望遠鏡メーカーもデジタル一眼レフカメラでの撮影を見越して望遠鏡を設計しており、 ほとんどの機種が非常に色収差が少ない光学系になっています。

撮影用の天体望遠鏡を選ぶ上でのコツは、撮影した画像をネットや本でチェックすることです。 天文雑誌のギャラリーなどで人気のある天体望遠鏡は、たいていは高性能でデジカメを使った天体撮影向きの望遠鏡と言えると思います。 また、天体望遠鏡は同じ口径でもメーカーによって価格に差があります。 一概には言えませんが、やはり高いものはそれなりにしっかり作られていて、写真撮影にも使い易いものが多いと考えてよいでしょう。

望遠鏡の中には、アストログラフと呼ばれる天体写真撮影専用として作られた望遠鏡も存在します。 究極の天体写真を撮りたい方は、こうした望遠鏡を選ばれるのもよいでしょう。

天体望遠鏡メーカー比較ページに も各望遠鏡メーカーの特徴を載せています。よかったら併せてご覧ください。

デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメノイズ比較 デジカメのノイズとは 温度変化とデジカメノイズ 一眼レフデジカメの選び方 デジタル対応レンズとは 天体写真向きデジカメ 星景写真に人気のデジカメ 改造デジタル一眼レフ 冷却改造デジカメ キヤノンが人気の理由 デジカメの性能比較 撮像素子サイズ比較 冷却CCDサイズ比較 コンパクトデジカメ比較 フランジバック寸法一覧

デジカメ・レンズ関係

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D ニコンD3 ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

その他機材

記録メディアの速度比較 キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー 冷却CCDカメラ 冷却CCDとデジカメ比較 アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作