天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > 記録メディアの速度比較

記録メディアの速度比較

デジタル一眼レフカメラの記録媒体として、コンパクトフラッシュやSDカードが使われています。 デジカメの画素数が増えると共に、HD動画撮影も行われるようになり、 記録メディアの速度がより要求されるようになりました。 このページでは、私が使用してきた記録メディアの速度を比較しています。

なお、測定条件ですが、記録メディアをエレコム製のUSB3.0カードリーダー「MR3-C002」に挿し、 CrystalDiskMark3.0.3にてシーケンシャルリード/ライトの速度と、 512KB単位のランダムリード/ライト速度を測定しています。

※メディアの転送速度は、カードリーダーやパソコンの性能でも変わってきますので、 あくまで一つの参考データーとしてご覧ください。


SDカードの速度比較

デジタルカメラの記録メディアとして、最も一般的に使用されているSDカードのベンチマークテスト結果です。 SDカードはその容量によって、SDHCカード、SDXCカードがあります。 SDXCカードが最も大容量ですが、古いデジタルカメラによっては、カードを認識しない場合があります。

最近のデジタル一眼レフカメラは小型化が進み、中級クラスの機種でもSDカードが用いられるようになりました。 動画撮影やタイムラプス撮影時は、できるだけ書き込み速度が速いカードが望ましいので、サンディスク製を主に使用しています。

メーカー名カード容量SDスピードクラス本体写真速度(ベンチマーク)
サンディスク64GBClass10サンディスクエクストリームプラスサンディスクエクストリームプラスのベンチマーク
トランセンド32GBClass10トランセンドのSDHCカードTranscend 16GB SDHCカードのベンチマーク
サンディスク32GBClass10サンディスクのSDHCカードサンディスク エクストリームプロカードのベンチマーク
サンディスク16GBClass10サンディスクのSDHCカードSANDISK 16GB SDHCカードのベンチマーク
トランセンド16GBClass6トランセンドのSDHCカードTranscend 16GB SDHCカードのベンチマーク
トランセンド2GB-トランセンドのSDカードTranscend 2GB SDカードのベンチマーク

※SDスピードクラスとは、SDカードの速度性能の目安として定められている規格です。 例えば、Class10のSDカードは、読み書き時のデータ転送速度が最低10MB/秒、 Class6の場合は6MB/秒と定められています。


micro SDカードの速度比較

スマートフォンやGoProをはじめとしたアクションカメラの普及と共に、 SDカードよりも更に小型軽量のmicro SDカードが使われる機会が多くなりました。

様々なメーカー製のmicroSDカードがありますが、動画はバックアップ撮影がしづらいため、 信頼性の高いサンディスク製を主に使用しています。

microSDのスピードクラスは、フルHD画質で撮影する機材を使用しているため、 その速度に対応した micro SDカードを使用しています。 最近、4K動画に対応したアクションカムも登場していますので、 より書き込み速度の速いmicro SDカードに変更を検討中です。

メーカー名カード容量SDスピードクラス本体写真速度(ベンチマーク)
サンディスク64GBClass10サンディスク Ultra micro SDXCカードサンディスクエクストリームプラスのベンチマーク
トランセンド1GB-トランセンド micro SDカードトランセンド micro SDcardのベンチマーク

コンパクトフラッシュカードの速度比較

SDカードに人気を奪われつつあるコンパクトフラッシュ(CFカード)ですが、端子部分がプラスチックで覆われているため、取り扱い時に安心できます。 しかし価格は同容量のSDカードと比べて高価で、CFカードが用いられているのは、 デジタル一眼レフカメラの中でも、一部の高級機のみになりつつあります。

デジタル一眼レフカメラを使い始めたころは、レキサーメディアのCFカードを使用していました。 その後、サンディスクを使用するようになり、現在はトランセンドのCFカードを中心に使用しています。

メーカー名カード容量カード種類本体写真速度(ベンチマーク)
サンディスク64GBCFトランセンドのCFカードSandisk 32GB CFカードのベンチマーク
トランセンド32GBCFトランセンドのCFカードTranscend 32GB CFカードのベンチマーク
サンディスク4GBCFサンディスクのCFカードSANDISK 4GB CFカードのベンチマーク
レキサー1GBCFレキサーメディアのCFカードLexar 1GB CFカードのベンチマーク
レキサー256MBCFレキサーメディアのCFカードLexar 256MB CFカードのベンチマーク

USBメモリーの速度比較

デジカメの記録メディアの速度を測定した後、ついでにUSBメモリーの速度も測定してみました。 上記の記録メディアとは測定方法が異なりますので、比較にはならないかもしれませんが、参考までにご覧ください。

メーカー名カード容量カード種類本体写真速度(ベンチマーク)
サンディスク16GBUSBメモリーサンディスクのUSBメモリーSANDISK 16GB USBメモリのベンチマーク
ソニー4GBUSBメモリーソニーのUSBメモリーSONY 4GB USBメモリのベンチマーク
トランセンド2GBUSBメモリートランセンドのUSBメモリートランセンド2GB USBメモリのベンチマーク

Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応
Transcend SDHCカード 32GB Class10

トランセンド社のSDHCカード(32GB)で、上でテストしたモデルになります。 UHS-I対応のカードなので、対応デバイスと組み合せると、 最大で90MB/秒の転送速度を実現することができるハイスピードモデルです。

高画素のデジタルカメラの連続撮影時や、動画撮影に適したメモリーカードです。 容量も32GBと大容量になっていますので、2000万画素クラスのデジタル一眼レフカメラのRAW撮影でも1000枚程度撮影することができます。

Amazon


デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメのノイズとは デジカメノイズ比較 温度変化とデジカメノイズ 一眼レフデジカメの選び方 天体写真向きデジカメ 撮影対象で選ぶデジカメ デジカメの性能比較 キヤノンが人気の理由 星景写真に人気のデジカメ 改造デジタル一眼レフ 冷却改造デジカメ デジタル対応レンズとは 星景写真とカメラレンズ 撮像素子サイズ比較 冷却CCDサイズ比較 コンパクトデジカメ比較 フランジバック寸法一覧

デジカメ・レンズ関係

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOS8000D キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF8-15mm F4L キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D ニコンD3 ニコンD810A ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

その他機材

記録メディアの速度比較 Data Recovery Wizard レビュー キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー 冷却CCDカメラ 冷却CCDとデジカメ比較 アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作