天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > フランジバックの寸法一覧

フランジバックの寸法一覧

冷却CCDカメラにカメラレンズを取り付ける時、気になるのがデジタルカメラ毎に異なるフランジバックの長さです。 また、マウント変換アダプターを介して、他のメーカー製のデジタル一眼レフカメラにレンズを取り付ける時にも、 このフランジバックの寸法が問題になります。

このページでは、自分の備忘録という意味も含めて、各社デジタルカメラのフランジバックの寸法を一覧にまとめています。 冷却CCDカメラの寸法は、自ら計測した結果も含まれていますので、 幾分誤差がある場合もあるかもしれませんが、何かの参考になれば幸いです。


フランジバックとは

フランジバックとは、カメラマウントの取り付け面から、デジタル一眼レフカメラの撮像素子面までの距離のことです。

このフランジバックの距離は、カメラメーカーの中で厳密に決められていて、 例えばキヤノンのEFマウントでは44ミリとなっています。 このフランジバックの規格が製品に正確に反映されているお陰で、 同じレンズマウントを介するレンズ、デジタルカメラであれば、ピントが正確に合うというわけです。


バックフォーカスとは

天体写真の機材の話でよく話題にのぼるのが、バックフォーカスです。 こちらはレンズ最後面から、レンズが焦点を結ぶ点までの距離のことで、厳密にはフランジバックとは異なります。

天体望遠鏡にレデューサーなどを取り付けて、その後ろに冷却CCDカメラを取り付けて撮影する際、 バックフォーカスが足りないためにピントが出ないことがよくあります。 そうしたとき、「このカメラを付けるとバックフォーカスが足らない。」とよく天体写真ファンは言ったりします。


フランジバック寸法一覧

主なカメラのフランジバックの寸法を一覧にまとめました。 冷却CCDカメラのフランジバックは、私が実測した値やメーカーの公表値です。 値には若干の誤差や間違いなどがあるかもしれません。 その点はご容赦ください。

カメラマウント名フランジバック備考
ニコンF46.5mm
キヤノンEF44.0mm
キヤノンFD42.0mm
ペンタックスK45.5mm
ペンタックス64571.0mm中判カメラ
ペンタックス6785.0mm中判カメラ
オリンパスOM46.0mm
ミノルタA44.5mmαマウント
ソニーA44.5mm
コンタックスN48.0mm
コンタックス64564.0mm
マミヤ64563.0mm
マミヤRZ67104.0mm
M42スクリュー45.5mm

冷却CCDカメラ名フランジバック備考
ST-2000XM18.8mmCCDからカバー表面
ST-2000XM+D-Block25.7mmD-block取付
ST-2000XM+CFW8A44.2mmCFW8A取付
ST-2000XM+CFW1033.5mmCFW10取付
STL-11000M39.6mmアクセサリーブロック含
STL-11000M32.6mmCCD〜カバー表面
リモートガイドヘッド17.5mm
STX-1680335.3mmCCD〜カバー表面
ST-8300M17.5mm
STF-8300M17.5mm
ST-402ME17.5mm
SBIG AO-789.0mm取付スレッド含
SBIG AO-848.0mm
SBIG AO-L38.0mmSTLシリーズ用
ATIK 31412.0mmATIK314L+,ATIK314E
ATIK 45013.0mm
ATIK EFW222.0mmフィルターホイール
FLI PL1100230.0mm接続アダプター含む
FLI PL1100221.3mmカメラカバー面まで
FLI ML0900016.0mmカメラカバー面まで

冷却CCDカメラは、カメラレンズに取り付けられるように設計されていないため、フランジバックが機種によってまちまちです。 フランジバックが短い機種を選んでおけば、焦点面を後ろに下げるのは簡単ですから安心です。 とは言っても、一見短そうに感じる冷却CCDカメラも、フィルターホイールなどを付けてしまうと、 一気にフランジバックが伸びてしまいます。 カメラレンズとモノクロ冷却CCDカメラを組み合わせて撮影を考えていられるなら、この点を注意する必要があります。

※STL-11000Mカメラを計測してメーカーに問い合わせた結果、 同じ機種でもフランジバックの寸法に若干差があることがわかりました。 冷却CCDカメラの場合、メーカーによっては、フランジバックの距離に個体差があるようです。


天体望遠鏡のバックフォーカス

天体望遠鏡をカメラレンズの代わりに用いる直焦点撮影では、その望遠鏡のバックフォーカスが問題になります。 特にレデューサーやフラットナーと呼ばれる補正レンズを入れて撮影する時には、最適な位置にカメラを取り付けることが大切です。

ところで、望遠鏡のバックフォーカスですが、レンズからの距離ではなく、補正レンズのマウント面から距離を測ることが 多いため、メタルバックとよく呼ばれています。 そこで、このページでもメタルバックの距離を一覧にまとめました。

天体望遠鏡名メタルバック備考
FSQ85ED197.5mm
FSQ85ED+レデューサー72mm
SKY90+レデューサー72mm
FSQ106ED178mm
FSQ106ED+レデューサー72mm
FSQ106ED+645レデューサー56mm
TSA102+TOA35フラットナー117.5mm
TSA120+TOA35フラットナー117.5mm
TOA130+TOA35フラットナー117.5mmエクステンダー使用可
TOA130+レデュサー83mm延長筒あり
TOA130F+67フラットナー106mmエクステンダー使用可
TOA130+新型TOA35レデュサー65.5mm2013年4月発売開始
FC-35レデュサー65.3mmFS-128,FS-152,FC-125
FC-35レデュサー68.8mmFS-102,FC-100
FC-35レデュサー74.1mmFC-100DF
ε-130D56mm
ε-16056mm
ε-180ED56mm
ε-25084mm
MT-160+レデューサー56mm
MT-200+レデューサー56mm
BRC250106mm
CCA250194mm
CCA250+レデューサー56mm
μ300118.5mm
μ300+レデューサー56mm
μ250CRS148mmコレクテッドミューロン
μ250CRS+レデューサー72.2mmコレクテッドミューロン
μ300CRS189.5mmコレクテッドミューロン
μ300CRS+レデューサー72.2mmコレクテッドミューロン
ビクセンVSD100F3.8116mm接眼パーツを外しての距離
パラコア57mmコマ補正レンズ
バーダーMPCC55mmコマ補正レンズ
バーダーRCC91.5mmコマ補正レンズ

マウントアダプター

Nikon→キヤノンマウントアダプター 他社製レンズを使うためのアダプターは、デジタルカメラが登場して以来、以前よりも注目を集めているようで、 いろいろな種類のマウントアダプターをヨドバシカメラなどで見かけます。 特にニコンレンズを他社製デジタル一眼レフカメラに取り付けるマウントアダプターが人気のようです。 ニコンFマウントのレンズはバックフォーカスが長いので、いろいろなデジタル一眼レフカメラに取り付けられます。

逆にニコンのデジタル一眼レフカメラはフランジバックが大きいので、他社製レンズを取り付けにくいという点があります。 ニコンカメラ用のマウントアダプターには、レンズが取り付けられているのがほとんどで、 これで他社製レンズでも無限遠が出るように調整されています。

どのマウントアダプターを使うにせよ、オートフォーカス機能などは使えなくなるので、マニュアルが基本となります。 天体写真の世界ではマニュアルが基本ですから、そういう点では天体写真ファンにはお手の物でしょう。 マウントアダプターを介して、いろいろなレンズを使ってみるのも面白いかもしれません。

ニコンFマウントレンズ-EOSマウントアダプター
ニコンFマウントレンズ-EOSマウントアダプター

ニコンFマウントレンズをキヤノンEOSボディーに付けるマウントアダプターです。 絞り環のないニコンのGタイプレンズには対応していませんが、手頃な価格なので私も同じものを愛用しています。

マウントアダプターの作り自体はしっかりしていて好感が持てるのですが、 平面性に問題があるのか、このマウントアダプターを介して星空を撮影すると若干片ボケします。 シムテープを挟むことで対処していますが、個体差なのかもしれません。 EOS用のマウントアダプターは、様々な価格の製品がありますので、どれがいいのか判断がなかなか難しいところです。

Amazon


デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメのノイズとは デジカメノイズ比較 温度変化とデジカメノイズ 一眼レフデジカメの選び方 天体写真向きデジカメ 撮影対象で選ぶデジカメ デジカメの性能比較 キヤノンが人気の理由 星景写真に人気のデジカメ 改造デジタル一眼レフ 冷却改造デジカメ デジタル対応レンズとは 星景写真とカメラレンズ 撮像素子サイズ比較 冷却CCDサイズ比較 コンパクトデジカメ比較 フランジバック寸法一覧

デジカメ・レンズ関係

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOS8000D キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF8-15mm F4L キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 20mm F1.4 DG HSM シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D ニコンD3 ニコンD810A ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

その他機材

記録メディアの速度比較 Data Recovery Wizard レビュー キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー 冷却CCDカメラ 冷却CCDとデジカメ比較 アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作