天体写真の世界 > デジカメと天体写真 > 星空撮影用 ソフトフィルターの比較と選び方

星空撮影用 ソフトフィルターの比較と選び方

星空撮影にソフトフォーカスフィルター(以下:ソフトフィルター)を使用すると、 星が適度ににじみ、華やかな印象の星空写真に仕上がります。 明るい星ほど大きくにじむので、星座の形がわかりやすくなり、 ソフトフィルターは、星空撮影時の必須アイテムになっています。

このページでは、市販されているソフトフィルターについて、 実際に撮影した画像を交えながら、フィルターを選ぶ際のポイントと、 ソフトフォーカス効果について考察します。


ソフトフィルターの効果

まず、ソフトフィルターを使って撮影した写真とソフトフィルターを使わずに撮影した写真を比べて、 ソフトフィルターの効果を確認してみましょう。 下の画像は、デジタル一眼レフカメラとカメラレンズを使用して撮影した、冬の星空の比較写真です。 ソフトフィルターは、ケンコーの「PRO1D プロソフトン[A](W)(以下:PROソフトンA)」を使用しました。

ソフトフィルターの効果

どちらの写真も、構図の中央にオリオン座が写っていますが、ソフトフィルターを使わずに撮影した写真は、 写っている星の大きさがほとんど同じで、星座の形がわかりにくく感じます。

一方、ソフトフィルターを使って撮影した写真では、明るい星ほど大きく写っているため、 オリオン座が中央に写っていることがすぐにわかり、冬の星空写真だと判断できます。 また、星の色もフィルター無しの写真と比べて、色彩豊かに感じられます。

私たちが肉眼で星空を見ている時は、明るい星は、暗い星に比べて、大きく輝いているように感じています。 ですので、ソフトフィルターを使って撮影した写真の方が、より人の感覚に近く感じるように思います。

銀塩フィルムカメラで撮影していた頃は、ソフトフィルターを使わなくても、 銀塩粒子にイラジエーションが発生するため、明るい星は暗い星に比べて大きく写りました。

しかし、高画素のCCDやCMOSセンサーが撮像素子に用いられたデジタルカメラが主流になり、 レンズの性能も向上すると、銀塩フィルム時代のようなにじみがほとんど発生せず、 どの明るさの星もほぼ同じ大きさに写るようになりました。 そのため、デジタル星空撮影では、ソフトフィルターがよく使われるようになりました。


星空撮影に適したソフトフィルター

様々なメーカーのソフトフィルターが販売されていますが、星空撮影に適した製品は、それほど多くありません。 星空撮影に使う際に重要なポイントは、まず、星が綺麗に丸くボケるかどうかです。

実際にいくつかのソフトフィルターを付けて星空撮影してみると、星が楕円形に写ってしまう製品があります。 せっかくポータブル赤道儀を使って追尾撮影しても、ソフトフィルターの影響で、 星が楕円に写ってしまっては追尾している意味がありません。 星を写すなら、星が綺麗に丸くボケるソフトフィルターを選びましょう。

※星空撮影に適したソフトフィルターでも、レンズの収差のため、写野端の星は楕円状に写ります。

次に重要なのは、フレアやゴーストの発生です。 フィルターのコーティングによっては、明るい星の周囲に白っぽいフレアが大きく発生したり、 構図内に星のゴーストが写り込んだりする場合があります。 ソフトフィルターですので、全くフレアが発生しないということはありませんが、 なるべく良質のコーティングが施されているフィルターを選ぶことも、購入時のポイントになります。

いろいろなソフトフィルター

様々なソフトフォーカスフィルター。
銀塩フィルムカメラの頃は、ブラックミストフィルターも使用していたが、
デジタルカメラに使うと星の形がいびつになる


おすすめのソフトフィルター

星空撮影用としては、ケンコーのPROソフトンAが大変人気があり、デジタル星空撮影の定番フィルターと言われています。 私も、星空撮影にケンコーのソフトフィルターを愛用していますが、 24ミリ前後の広角レンズを使った際のボケ具合がちょうどよく、使いやすいと感じています。

ケンコーのフィルター以外では、LEE社のポリエステル製のソフトフィルターが、 ベテラン天体写真ファンを中心によく使われています。 LEE社のソフトフィルターは、No.1からNo.5の5枚セットになっており、 No1がソフト効果が最も弱く、数字が増えるにつれ、ボケ量が大きくなります。

カメラメーカーのニコンが製造・販売している「ニューソフトフォーカスフィルター」も、 星空撮影に使いやすいソフトフィルターの一つです。 星空のボケ具合は、ケンコーのPROソフトンAと同程度ですので、広角レンズと組み合わせると使いやすいでしょう。

星空撮影にお勧めソフトフィルター

ケンコーPRO ソフトンAとニコンのニューソフトフォーカスフィルター


ソフトフィルターの星像比較

上で紹介した3社のフィルターを使って、実際に星空を比較撮影し、ソフト効果を確認してみました。 なお、撮影にはフルサイズデジタル一眼レフカメラ「ニコンD810A」と、 シグマのカメラレンズ「24mm F1.4 DG HSM 」を用いました。 また、全体画像ではソフト効果がわかりにくいので、すべての画像は、オリオン座の部分をトリミングして掲載しています。

まず、ケンコーのPROソフトンAとニコンのニューソフトフォーカスフィルターを比較してみましょう。

※レンズ絞り値F2.5、露光時間30秒、ISO3200、赤道儀にて追尾

ソフトフィルターの効果 ソフトフィルターの効果
ケンコー PRO1D プロソフトン[A](W) ニコン ニューソフトフォーカス

上がケンコーとニコンのソフトフィルターの撮影画像ですが、ソフト効果はほぼ同じで、星像のボケ具合も同程度です。 二つの画像を並べて拡大しても、どちらの写真がどちらのソフトフィルターで撮影したのかわからないほどです。

次に、LEE社のポリエステルフィルターの効果を確認してみましょう。 下は、No1からNo5までフィルターを交換しながら撮影した星空写真です。 LEEフィルターは、レンズの前に取り付けたフィルターホルダーに固定し、比較撮影を行いました。
※撮影条件はケンコーやニコンのフィルターを使用して撮影した時と同じです。

LEE ソフトフィルター No1の作例 LEE ソフトフィルター No2の作例
LEE ソフトフィルター No1 LEE ソフトフィルター No2
LEE ソフトフィルター No3の作例 LEE ソフトフィルター No4の作例
LEE ソフトフィルター No3 LEE ソフトフィルター No4
LEE ソフトフィルター No5の作例 フィルター無しの作例写真
LEE ソフトフィルター No5 フィルター無し

フィルターの比較写真をご覧いただくと、フィルターのナンバーが大きくなるに従って、ソフトフォーカス効果が強くなり、 輝星の周りのボケ量が大きくなっているのがわかります。

LEEフィルターで撮影した画像を、ケンコー、ニコンのフィルターで撮影した画像と比べてみると、 No4フィルターで、ほぼ同じソフトフォーカス効果が得られるようです。


輝星を使ったソフトフォーカス効果の比較

輝星のボケ具合を詳しく比較するため、オリオン座α星、ベテルギウスの部分だけトリミングした画像を並べました。

ソフトフィルターの効果

ソフトフィルターの効果

ソフトフィルターの効果

星像を拡大した画像を比べると、各フィルターのソフトフォーカス効果の違いがよくわかります。 輝星のにじみの大きさだけでなく、ソフト効果の大小によっても微恒星の写り具合に差が出ています。

今回、テストしたフィルターを、ソフトフォーカス効果の強い順から並べると、

LEE No.5 > ニコン ニューソフト = ケンコーPROソフトンA =>
LEE No.4 > LEE No.3 > LEE No.2 > LEE No.1

という結果になりました。

表現したい写真によって、最適な星のにじみの量は変わってきますので、 ソフトフォーカス効果の異なるフィルターを何種類か用意しておくと、撮影の幅が広がると思います。


雑感とまとめ

ケンコーやニコンのフィルターとLEEフィルターを比べてみると、 LEEフィルターはソフトフォーカス効果を選べるので便利ですが、ポリエステル製なので経年劣化にやや弱く、 フィルターはレンズ前面に取り付けたホルダーに固定するか、 もしくはレンズ後部に貼り付けて使用しなければなりません。

一方、ケンコーやニコンのフィルターはガラス製なので耐久性があり、フィルターはねじ込み式です。 フィルターを付けた後、レンズフードを使用できるので、外部からの迷光の心配も少なく、 安心して使用することができます。 ただ、レンズの前玉の形状(出目金レンズ)によっては、取り付けられないことがあります。

ソフトフィルターは、撮影者の好みによる部分が大きく、LEEソフトフィルターNo5でも足りないほど大きくぼかしたい方がいる一方、 ぼかし量は最小限に抑えたいと考える人もいます。

個人的には、輝星が写真の中で主張し過ぎない程度のぼかし量が好みなので、 天の川銀河を構図に入れるときは、LEE No2フィルター程度のソフト効果、 星座写真を撮るときには、ケンコーやニコンのソフト効果が適当だと考えています。

星空撮影を撮る方が増えるにつれ、撮影に便利なツールやソフトフィルターも注目されるようになりました。 新しいフィルターが見つかり次第、また追記していきたいと思います。

PRO1D プロソフトン[A](W)
Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] (W)

星空撮影用として人気の高い、ケンコー製のソフトフォーカスフィルター「PRO1D プロソフトン[A](W)」です。 ねじ込みフィルターですので、お持ちのレンズのフィルター径に合ったサイズを購入する必要があります。

レンズごとにフィルターを用意するとコストがかかるので、 私の場合は、ステップアップリングを介して、77ミリ径のフィルターを径の小さなレンズにも流用しています。

定価はそれなりにしますが、割引率が高いフィルターなので、アマゾン等では手頃な価格で手に入れられるソフトフィルターです。 星空撮影を楽しむなら、是非一度は使ってみたいフィルターだと思います。

Amazon


ニコン ニューソフトフォーカスフィルター
Nikon ニューソフトフォーカスフィルター77mm

今回、撮影テストに用いたニコン製のニューソフトフォーカスフィルターです。 テスト結果の通り、ケンコーのPRO1 プロソフトンAとほぼ同じ結果のソフトフォーカス効果が得られます。

ニコン製ならではの信頼感がある製品ですが、ケンコー製に比べて高価なため、 手を出しにくいソフトフィルターです。 なお、フィルターが入っているプラスチックケースは、フィルター径ごとに枠の大きさが変わっており、 フィルターのガタツキがでないようになっていて、少し高級感を味わえる造りです。

Amazon


LEE ソフトフォーカスフィルター
LEE 角型ポリエステルレンズフィルター P-4 ソフトセット 100X100mm 5枚セット

LEE社のソフトフォーカスフィルター5枚セットです。 今回、撮影テストに用いた、LEEのポリエステルソフトフォーカスフィルターNo1〜No5までセットになっています。 5枚セットのため1万円以上と高価ですが、ばら売りで買うよりも少々お得になっています。

LEE社のフィルターは、銀塩フィルムで撮影していた頃は、大型カメラ店に行けば容易に手に入れられたのですが、 最近販売している店が少なくなりました。 アマゾンでは常時販売しているようですが、価格変動が大きいので購入時は注意が必要と思います。 レンズに取り付けるホルダーは付属していませんので、別途用意する必要があります。

Amazon


デジカメメニュー

デジカメと天体写真 デジカメの性能比較 一眼レフデジカメの選び方 天体写真向きデジカメ 撮影対象で選ぶデジカメ キヤノンが人気の理由 星景写真に人気のデジカメ 星景写真とカメラレンズ 改造デジタル一眼レフ 撮像素子サイズ比較 コンパクトデジカメ比較

デジカメとノイズ

デジカメのノイズとは 温度変化とデジカメノイズ デジカメノイズ比較 冷却改造デジカメ

デジカメのレビュー

キヤノンEOS-1DsMark3 キヤノンEOS5DMarkII キヤノンEOS6D キヤノンEOS60D キヤノンEOS50D 冷却改造キャノンEOS40D キヤノンEOS20Da キヤノンEOS8000D キヤノンEOSKissX2 EOSKissデジタルX ニコンD3 ニコンD810A ニコンD700 ニコンD300 ニコンD50 ニコンD70 ニコンD100

レンズのレビュー

キヤノンEF200mmF2L EF-S55-250mmF4-5.6IS キヤノンEF100mmマクロ キヤノンEF50mmF1.4USM キヤノンEF40mmF2.8STM キヤノンEF24mmF1.4LIIUSM キヤノンEF8-15mm F4L キヤノンEF-M22mm F2 STM タムロンA16レンズレビュー シグマ 20mm F1.4 DG HSM シグマ 35mm F1.4 DG HSM シグマフィッシュアイレンズ ニコンAFS17-35mmレンズ ニコンAF85mmF1.8D デジタル対応レンズとは

冷却CCDカメラ関係

冷却CCDカメラとは 冷却CCDとデジカメ比較 冷却CCDサイズ比較 フランジバック寸法一覧

その他の撮影機材

記録メディアの速度比較 星空撮影用ソフトフィルターの比較 キヤノンPRO9000 ナナオL997レビュー LCD-AD221Xレビュー 三菱RDT233WXレビュー アイピース比較 宮内双眼鏡 ペンタックス100SDUFII 乾燥空気送付装置の製作 Data Recovery Wizard レビュー