しし座 Leo

しし座の写真 しし座は、百獣の王ライオンを形取った星座で、春に見頃になります。

しし座のα星は一等星のレグルスです。 レグルスは、しし座の胸元で明るく輝いているので、それを目安にして星座線を繋いでいけば、 容易に獅子の形を想像できるでしょう。 しし座は、春の星座の中でも早く昇ってくるため、晩冬になれば、東の空にしし座の姿を確認できます。

しし座はプトレマイオスの48星座に登場しています。 また、黄道十二星座の5番目の星座として、星占いの世界でもよく知られている星座です。 紀元前の頃からこの星の並びはライオンと見られていたようで、 古代エジプトやギリシアの資料にもその姿が描かれています。


ギリシア神話でのしし座

しし座になったライオンは、ギリシア神話の中では、ネメアの森に住む人食いライオンとして登場しています。 このライオンは固い鱗に覆われているため、矢も通さず、村民から恐れられていました。

そんな時、ミュケナイ王エレクトリュオンから、12の難業を命じられたヘラクレスが、 ネメアの森にライオン退治に現れます。

ヘラクレスは棍棒でライオンを殺そうと企みますが、ライオンはこの攻撃では死にません。 そこで、ヘラクレスはライオンに馬乗りになって、その怪力で首を絞めて殺してしまいます。

この後、ヘラクレスはライオンの皮を剥いで、王が居る宮殿に持ち帰ります。 この様子を天から見ていた大神ゼウスは、ヘラクレスの偉業をたたえて、 ライオンを天に上げてしし座にしたということです。


しし座の主な星

レグルス

レグルスは白く輝くしし座のα星で、古代バビロニアの頃から「王の星」と呼ばれてきました。 明るさは1.4等級なので、一等星の中では明るい方ではありませんが、都会の夜空でも容易に確認できます。

このレグルスのすぐ北側には、UGC5470(LEO1)という番号が付けられた銀河が輝いています。 このLEO1は天体望遠鏡を使えば確認できるほどの明るさなのですが、 レグルスの強烈な光がすぐ近くにあるため、実際に見るのは難しい天体です。

デネボラ

デネボラはしし座のβ星で、尻尾の部分で輝いています。 明るさ2等星の白い恒星で、おとめ座のスピカとうしかい座のアルクトゥルスと合わせて、 春の大三角を形作っています。


双眼鏡や天体望遠鏡で見るしし座

しし座のトリオ銀河

しし座の後ろ足の付け根には、しし座銀河群が輝いています。 形の異なった三つの系外銀河が寄り添っている様子は興味深く、春の天体観望で人気がある対象の一つです。

それぞれの銀河には、M65銀河、M66銀河、NGC3628銀河という番号が付けられています。 双眼鏡でも確認できますが、天体望遠鏡を使った方が、よりわかりやすいでしょう。 なお、NGC3628は他の二つの銀河に比べると暗いため、夜空の透明度が悪いととたんに見えづらくなってしまいます。

しし座のM95,M96,M105銀河

しし座のお腹の辺りに輝いているのが、M95とM96、それにM105銀河です。 M105銀河は少し離れていますが、M95とM96は近くで輝いているため、天体望遠鏡の同一視野内で観望できます。 どちらも似た形をしていますが、大口径望遠鏡で観察すると、中心部の明るさや形が若干異なっているのがわかります。

星座写真ギャラリーのしし座の写真のページへ