天体写真の世界 > 撮影機材 > ヘラクレス赤道儀

ヘラクレス赤道儀 Hercules Mount

ヘラクレス赤道儀は、京都の天文ショップ国際光器が製造販売していたドイツ型赤道儀です。 ペンタックスMS5赤道儀クラスのユーザーをターゲットとして開発されており、 開発時の写真には両方の赤道儀を並べて比較している様子が載っていました。

このヘラクレス赤道儀のモータードライブには、ビクセンスカイセンサー2000PCが使われていました。 そのため、ビクセンがスカイセンサーの製造を終了すると同時にヘラクレス赤道儀の販売も中止され、 現在は新品を手に入れることができません。 中古市場を残すのみとなっています。

ヘラクレス赤道儀外観


ヘラクレス赤道儀の特徴

ヘラクレス赤道儀の一番大きな美点は、その搭載重量です。 推奨搭載重量は10キロから45キロのようですが、最大で搭載できる重量は60キロを誇ります。 これだけの余裕があれば、海外製の大きなリッチークレチアン望遠鏡でも載せることができます。

モーターの位置が鏡筒取り付け部の反対側になるようにレイアウトされているので、バランスウェイトの量を減らせるのもヘラクレス赤道儀の美点です。 例えば重さが35キロあるε250鏡筒を載せた場合でも、ウェイトは15キロ一個で済みます。 ペンタックスMS5赤道儀の場合ですと、同じ鏡筒を載せるとウェイトは15キロウェイトが2枚に、8キロウェイトが1枚必要です。 重さも精度のうちとは言っても、あまりに重いウェイトは考えものでしょう。

ヘラクレス赤道儀の横からの様子 また重さがかかるライン(重心位置)を考えてみても、ヘラクレス赤道儀は理想的な構造をしています。 横から見ると、ピラーに垂直に鏡筒重量がかかるようになっているのです。 これら点からしても、重量のある鏡筒を載せるという意味では、とてもよく考えられて設計されている赤道儀だと思います。

逆に閉口してしまう点もあります。まずはクランプの位置です。 特に赤経側のクランプの位置は悪く、赤道儀が回転していくとモーターボックスと必ず当たってしまう位置にあります。 そのため、子午線をまたいで長時間撮影することができません。 スカイセンサー2000PCには、子午線を跨ぐとモーターがストップしてしまう機能がありますから、 それを見越して赤道儀の設計をしていたのかもしれませんが、あまりよい特徴とは言えないでしょう。

また、赤緯側のクランプにも問題があります。 赤緯側の回転は非常に軽く、クランプを閉めない状態だと触れただけで回ってしまいそうなほどです。 そこで、撮影中はしっかりとクランプを閉める必要があるのですが、これが固くて上手く閉まりません。 クランプ自体はスリ割り式の金属筒をバーで締め上げる方式なのですが、この大きな金属筒を手だけで締めるのは至難の技です。 特に重量級の鏡筒を載せている場合には、しっかりと締め上げたい部分です。 そこで私は仕方なく工具を使って締め上げていますが、何かよい方法が見つかったら改造しようと考えています。


赤道儀のモーター

ヘラクレス赤道儀赤経モーター部 前述の通り、この赤道儀のモーターにはビクセンのスカイセンサー2000PC用のモーターが用いられています。 GP赤道儀のような小型赤道儀と同じモーターで不安でしたが、使ってみると問題なく自動導入していく姿に驚きました。 こうした点を考えると、この赤道儀の基本的な造りはよいのかもしれません。

しかしやはり非力な点は否めず、時折モーターが脱調することがありました。 そこでモーターを取り替え改造していくことになるのですが、それについては別の機会にお話するつもりです。 交換してしまってから書くのもおかしいですが、スカイセンサー2000PCでの使い勝手には満足していました。 実際これでいくつも写真を撮ってきましたし、脱調が起こらないときにはしっかりと自動導入して、追尾してくれていました。 バックラッシュも非常に少なく、オートガイダーとの相性も良い赤道儀でした。


ピリオディックモーション

ヘラクレス赤道儀のピリオディックモーション 最近はオートガイダーが主流となったので、それほど気にする必要はありませんが、赤道儀の機械的追尾精度は やはり気になるところです。そこで、ヘラクレス赤道儀のPEモーションを撮影・測定してみました。

測定結果は右上の画像の通りです。この結果からすると、私のヘラクレス赤道儀のピリオディックモーションは±7秒ほどのようです。 なお、比較に使った二重星はアンドロメダ座γ星アルマク(離隔約9.8秒)です。

当時のカタログによれば、ヘラクレス赤道儀のピリオディックモーションは±3秒と書かれており、ペンタックスMS-5赤道儀と 同等ということでした。さすがにそこまでは達しなかったものの、一定以上の精度は出ているようで安心しました。


ヘラクレス赤道儀の極軸望遠鏡

ヘラクレス赤道儀の極軸望遠鏡 ヘラクレス赤道儀には極軸望遠鏡がはじめから内蔵されています。 この極軸望遠鏡は6倍のもので、タカハシEM-200赤道儀のような早見形式になっています。 以前タカハシからEM-1S用として販売されていた極軸望遠鏡と同じ物ではないかと思っています。

極軸望遠鏡の接眼部側にはタカハシのリングレベルが取り付けられていて、このレベルを使って水平を出します。 そして、極軸望遠鏡の視野内に表示されているスケールを回して月日と時刻を合わせた後、 北極星の導入場所にこぐま座のポラリスを持ってきます。

極軸望遠鏡には、明視野照明装置が付けられているので、暗い場所でも快適に極軸合わせをすることができます。 しかし、経度補正目盛りが入っていないため、撮影する場所が変わったら、自分でその分を考えて補正する必要があります。 使い易い極軸望遠鏡だけに、この点はとても残念です。


ヘラクレス赤道儀の仕様

ヘラクレス赤道儀のスペックを以下に示します。製造していた当時の資料を基になるべく詳しく記載してみました。

名称 ドイツ型高速自動導入赤道儀 ヘラクレス
コントローラー ビクセン製スカイセンサー2000PC
メーカー純正対応
モータードライブ 赤経・赤緯共12VDCサーボモーター 2基
導入速度 最高280倍速、中速1〜99倍速
低速0.1〜2倍速
消費電力 DC12V 最大2A
ウォームホイール径 158mm
軸径 赤経60mm/赤緯50mm
赤経ギア 195枚(合成585枚)
ウォームホイール全周微動 アルミ青銅製
赤緯ギア 195枚(合成585枚)
ウォームホイール全周微動 アルミ青銅製
駆動ギア ヘリカル三次ギアシステム 専用特注品
ベアリング数 12個(各軸6個)
※大型テーパーローラーベアリング使用
ねじれ指数 φ400−60kg搭載時で0.005度以下
搭載重量 最大60kg程度(不動点より150mm時)
追尾能力 焦点距離1000ミリで3分露出を点像
PEC ±3秒以下(工作値)
追尾分解能 390PPS
極軸望遠鏡 南北両用6倍x16ミリ 据付精度5分以内
時角計算板付明視野照明装置付
極軸高度微動 15度〜45度
本体質量 45キロ 2分割式
ピラー質量 20キロ 軽量アルミピラー
赤緯バランス バランスウェイト無しで10キロを同架可能
鏡筒取り付け部分 タカハシP=35mmM8、ペンタックスφ80−M8×4


ヘラクレス赤道儀の現在

現在私のヘラクレス赤道儀は、モーターをステッピングモーターに交換してFS2というモータードライブで駆動させています。 これは重量級の機材を載せたときに、時折脱調が起こったためです。 このモーター交換にあたりましては、Orcaさんをはじめ多くの方のお世話になりました。ありがとうございます。 参考までに、ヘラクレス赤道儀のモーターハウジングの写真などを 載せていますので、よかったらご覧下さい。

撮影機材メニュー

天体写真撮影機材 タカハシTOA-130S タカハシε-160 タカハシε-180ED タカハシε-250 タカハシμ-300 タカハシMT-200 ビクセンED103S ビクセンVSD100 コーワプロミナー500mmF5.6L ミニボーグ45ED リッチークレチアン望遠鏡 キャノンFD400mmレンズ キャノンサンニッパ改造

赤道儀関連

赤道儀の比較 ユニテックSWAT-200 小型赤道儀P2Z ビクセンSXD赤道儀 タカハシEM200赤道儀 ビクセンAXD赤道儀 タカハシNJP赤道儀 ペンタックスMS5赤道儀 ヘラクレス赤道儀 モータードライブFS2 ステッピングモーター原理

カメラ関連

ペンタックス67 SBIG STL11000M SBIG ST2000XM SBIG ST-i Webカメラ カメラ三脚と雲台 SIRUI K-20X自由雲台 アルカスイス自由雲台 中古カメラ機材販売

調整ツール・パーツ

便利グッズ レデューサーの星像比較 カセグレン式の光軸調整 反射望遠鏡の光軸調整 オートコリメーターについて EOSマウントアダプター 直焦ワイドアダプター60DX 強化型カメラマウント 画像処理用自作パソコン

その他

ノートパソコンのハードディスク交換 発電機メンテナンス 日産自動車テラノ マツダデミオ ガッラントデスク