天体写真の世界 > 撮影機材 > 赤道儀の比較

赤道儀の性能比較

天体写真を撮影する時に必要になるのが、星の日周運動を追いかける機器「赤道儀」です。 赤道儀にも様々な種類があり、いろいろなメーカーが製造販売しています。

そこで私が気になっている赤道儀の機種を、一覧にしてこちらに載せてみました。 内容には間違いがないようにしていますが、勘違いなどありましたらお許しください。 赤道儀選択時の参考になれば幸いです。


タカハシの赤道儀ラインアップ

質実剛健で知られる高橋製作所(タカハシ)の赤道儀の比較一覧表です。 最新のTemma2シリーズは、ステッピングモーターを用いた自動導入赤道儀です。 このタイプの赤道儀には、その他にUSDという自動導入がないタイプや、 Temma2Jrという自動導入速度が遅いタイプが用意されていました。 これらの機種の違いは、自動導入機能の有り無しと、導入速度の違いだけで、 赤道儀の基本的な性能には違いはありません。

2009年夏、タカハシは、Temma2に変わるTemma2Mという新しいモータードライブ装置を搭載したシリーズを発売開始しました。 Temma2Mでは、以前のTemma2ではDC24Vが必要だった最高速がDC12Vで得られるようになり、 自動導入速度が改善されています。 しかしそれに伴い、赤道儀の消費電流が大きくなっていて、小型の電源では動かないこともあるようです。 きっと赤道儀内部に昇圧回路が組み込まれているためなのでしょう。 このTemma2Mシリーズを動かすためには、以前よりも大容量のバッテリーを用意した方がよさそうです。

2015年冬、タカハシから新しいTemma2Z赤道儀シリーズが発売開始されました。 従来モデルのTemma2Mで評判の悪かった、オートガイド端子の形状を見直し、 コントローラーも使い易い形状に改められ、完成度が増しています。 また、電子部品の見直しなどによって、全体的に価格が下げられており、より手に入れやすくなった価格も魅力です。

赤道儀名搭載重量本体重量傾斜角度極望赤経歯数赤緯歯数駆動周波数
スペースボーイ約5キロ4キロ0〜90度別売り14492モーター別売
PM-1約5キロ5キロ0〜55度固定9倍14411240PPS
P-2Z約6キロ6キロ0〜45度固定9倍144部分微動モーター別売
EM-2約6キロ10キロ25〜50度別売り144126モーター別売
EM-10約7キロ7キロ20〜50度固定6倍14414425PPS
EM-11
Temma2Jr.
約8.5キロ7.3キロ20〜50度固定6倍144144100PPS
EM-200
Temma2
約16キロ16.5キロ0〜50度固定9倍180180100PPS
NJP約30キロ25キロ25〜48度固定11倍240144モーター別売
EM-400
Temma2
約35キロ29.5キロ0〜47度固定11倍180180240PPS
EM-500
Temma2
約40キロ40キロ5〜45度固定11倍144144115PPS

※生産が既に終了した機種も載せています


ビクセンの赤道儀ラインナップ

初心者からベテランまで人気のあるビクセンの赤道儀ラインナップです。 ビクセンの赤道儀は、早くからコンピューターによる自動導入を実現しています。 スカイセンサーと呼ばれるコントローラーがそれで、最新バージョンはスカイセンサー2000PCでした。 最近になってスカイセンサーの製造は終了し、スターブックへと変わりました。ビクセンの赤道儀の特徴としては、 ベーシックなモデルと「D」の称号が付けられたデラックスモデルに分けられていることです。 写真を撮る方には、デラックスモデルがお勧めです。

2010年に発売開始されたAXD赤道儀から、ビクセンの赤道儀にはスターブックTENがコントローラーに使われています。 これまでは、DCモーターが主流だったビクセンですが、 この赤道儀から駆動回路にステッピングモーター(パルスモーター)が使われるようになりました。 続いて登場したSXP赤道儀やSXD2赤道儀にも、ステッピングモーターが使用されています。 ステッピングモーターを搭載した機種は、より天体写真向きと言えるでしょう。

赤道儀名搭載重量本体重量傾斜角度極望赤経歯数赤緯歯数コントローラーモーター価格
ポラリエ約2キロ740g0〜70度別売144パルス\47,000
AP約6キロ3.6キロ0〜65度別売144144別売別売\80,000
GP2約7キロ4キロ0〜62度別売144144別売別売\36,500
GPD2約10キロ8.5キロ0〜62度内蔵6倍144144別売別売\87,000
SX約12キロ6.8キロ0〜70度別売180180STARBOOKDC\175,000
SX2約12キロ7キロ0〜70度別売180180STARBOOK ONEパルス\200,000
SXD約15キロ8.8キロ0〜70度内蔵6倍180180STARBOOKDC\250,000
SXD2約15キロ9.2キロ0〜70度内蔵6倍180180STARBOOK TENパルス\320,000
SXP約16キロ11キロ0〜70度内蔵6倍180180STARBOOK TENパルス\380,000
NEWアトラクス約22キロ19.7キロ0〜72度内蔵6倍180180STARBOOKDC\498,000
AXD約30キロ25キロ0〜70度内蔵6倍270216STARBOOK TENパルス\980,000
GAIAX約44キロ59キロ0〜?度内蔵6倍216216STARBOOKDC-

※赤道儀の価格は、調査した当時の税抜き価格です

赤道儀雑感

こうして赤道儀の仕様を一覧にまとめてみると、赤道儀の傾斜角度に制限があるものがタカハシ赤道儀の中にいくつか見受けられます。 これは日本で撮影するときには全く問題がありませんが、赤道に近い低緯度地域に機材を持ち出すときには重要な数値になります。 グアム島やサイパン島にせっかく赤道儀を持っていっても、北極星を合わせられないという事態になりかねません。 こうした目的でタカハシ赤道儀を選ぶときには注意が必要です。

ビクセンとタカハシを見比べると、同じ大きさの機種でも、ビクセンの方が総じて搭載重量の値が大きくなっています。 これはビクセンの方がより丈夫で多くの機材を載せられるというよりも、メーカーの考え方の違いでしょう。 ビクセンは観望用途で載せられる最大重量を考えていて、タカハシは撮影にも十分に使える耐荷重を算出しているようです。 購入時には、こうした点も注意して選んだ方がよいでしょう。

ビクセンSXP赤道儀
ビクセンSXP赤道儀

2011年に登場して以来、天体写真ファンに人気があるのがビクセンSXP赤道儀です。 SXD赤道儀で評判の悪かったDCモーターやコントローラー等を変更して、 より写真撮影に使い易く仕上げられた赤道儀です。

メーカーは搭載重量を16キロまでとしていますが、 写真撮影に使うなら10キロ以内にしておく方がよいと思います。 口径10センチまでの屈折望遠鏡と合わせて使うのに適した赤道儀です。

別売りのアドバンスユニットと組み合わせると、パソコン無しでオートガイド撮影も行うことができます。

Amazon


※コンパクト赤道儀の性能についてはポータブル赤道儀の比較ページに掲載しています。