M83 銀河

M83,NGC5236

M83 銀河

Takayuki Yoshida

うみへび座のM83銀河

M83銀河は、地球から約1500万光年離れた宇宙に存在する系外銀河で、 うみへび座とケンタウルス座の境で輝いています。 M83は、渦巻銀河を正面から見ることができるフェイスオン銀河に分類されており、 銀河の腕がくるりと巻いた様子から、南天の回転花火銀河と呼ばれることもあります。 (北の回転花火銀河は、おおぐま座のM101銀河です)

M83銀河の赤緯は、マイナス30度と天の北極から遠いため、日本本州付近での南中高度は25度前後にしかなりません。 しかし、明るく大きな銀河ですので、双眼鏡でもその姿を確認することができます。 口径20センチ程度の天体望遠鏡を使えば、銀河の腕の部分も見えてきて、渦巻銀河であることがわかります。 口径が大きくなると腕の部分の明暗模様も確認できるようになり、興味深さが一層増してくるでしょう。

このM83銀河の写真は、南天の視界が開けている紀伊半島の鶴姫公園で撮影しました。 しかし、南天の視界が良いと言っても南中高度は低く、撮影中、撮影に使った反射望遠鏡は地平線に向いているようでした。 低空の大気のゆらぎや靄の影響で、撮影画像の星像は肥大し、カラーデーターの鮮やかさも失われていましたが、画像処理で補正しながら仕上げました。 その甲斐あって、M83銀河独特の色合いと、腕に点在するピンク色をしたHII領域を表現できたと思います。 大きな回転花火銀河M83の写真も是非ご覧ください。


Imaging information

撮影機材: タカハシMT-200反射望遠鏡ペンタックスMS5赤道儀にて追尾

使用カメラ: SBIG ST2000XM 冷却CCDカメラ, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:10分×10枚, RGB:各10分×2枚

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: 奈良県野迫川町鶴姫公園、2006年撮影

天文ガイド入選作品