天体写真の世界 > 天体観測地 > 明石天文科学館

明石市立天文科学館とプラネタリウム

兵庫県明石市は、日本標準時の基準となる東経135度の子午線が通っているので「子午線のまち」と呼ばれています。 その子午線の上に明石天文科学館は建っています。私が住む宝塚市からは近いので、よくプラネタリウムを見に訪れています。


明石天文科学館

明石天文科学館 右が明石天文科学館の外観です。子午線が通っているので、建物の一番高いところには大きな時計が付いています。 その横にはプラネタリウムのドームが置かれ、立派な外観をしています。デザイン的にも素敵な建物だと思います。

今回科学館に訪れた日は、残念ながら雨模様でした。しかしこの日はメガスターの投影日ということもあり、 大変混み合っていました。明石天文科学館に入ると、中では整理券が配られていてプラネタリウムの 開場を楽しみに待つ子供達が一杯でした。

明石天文科学館の中は広く、この建物自体も16階建てと立派な構造になっています。 1階が玄関と受付になっていて、奥には資料室やシゴセンジャーのコーナーが設けられています。 プラネタリウムは2階に置かれていて、3階から上は天文資料室が併設されています。 13階と14階には、明石海峡大橋を見渡せる展望室もあります。


プラネタリウム

明石天文科学館のプラネタリウム 明石天文科学館の中でも有名なのが、写真のカールツァイス製プラネタリムです。このツァイス製プラネタリウムは、 製造が1960年と大変古いものですが、今でも元気に稼働しています。 プラネタリウムは大変大きく、歴史の重みを感じさせてくれる外観をしています。

カールツァイスと呼ばれているのは、旧東ドイツにあったカール・ツァイス・イエナ社の製品のことです。 一般的にはカールツァイス製プラネタリウムと呼んでいますが、詳しい方の間ではイエナ社のプラネタリウムと 呼ばれています。

この明石天文科学館のプラネタリウムは、イエナ社のものとしては38番目に作られたものです。 明石市は阪神大震災に遭いましたが、このプラネタリウムは無事でした。震災復旧後、私もこのプラネタリウムの投影を 見に出かけました。昔と変わらぬプラネタリウムの光に感動したのを覚えています。

このプラネタリウムには、数百枚に及ぶ光学レンズが用いられています。このレンズで電球の光を収束させ、 ドームに星を映し出します。プラネタリウムは星の日周運動を再現しなければなりませんから、200枚近い ギアも使われています。技術の結晶とも言えるのが、この明石天文科学館のツァイスのプラネタリウムです。


メガスター

メガスター 今回訪れたときには、明石天文科学館にメガスターがやってきていました。 メガスターはプラネタリウムクリエイター大平さんが作られた、超小型で詳細な星空を映し出すプラネタリウムです。 メガスターで投影される星の数は数百万個と多く、リアルな星空を作り出してくれます。

プラネタリウムドームに入ると、明石天文科学館の大きなプラネタリウムの横にメガスターが置かれていました。 なんだかおもちゃのように見えますが、ツァイスのプラネタリウムから星の光が切り替わると、今までよりもずっと シャープな星がドームに映し出されました。

メガスターが投影する星は非常にシャープで鋭い光です。実際の星空よりもシャープで、宇宙で星を見ているような 感覚を覚えるほどでした。天の川の星のざらつきも再現され、実際の星空以上に星がたくさん見えました。 プラネタリウムの技術の進歩に驚いた瞬間です。


明石天文科学館の天体観望会

明石天文科学館の16階にある天体観測室には、西村製作所の口径40センチカセグレン望遠鏡が入っています。 毎月一回定例観望会がこの天体望遠鏡を使って行われていて、私が以前出かけたときには土星を見せていただきました。 残念ながら気流が悪く、40センチの実力を発揮できませんでしたが、視野の中で輝く明るい土星が印象的でした。

天文科学館のドームには、以前はニコン製の15センチ屈折望遠鏡が入っていました。子供の頃、この望遠鏡にあこが れて何度も科学館に足を運びましたが、震災で大破してしまったそうです。 口径15センチの屈折望遠鏡と言えば、昔は天文ファンの憧れの機材でした。 長くて白く輝く鏡筒に憧れを抱いていました。