しらびそ高原 峰山高原 砥峰高原 鶴姫公園 八塔寺 波照間島 津別峠 テカポ ヨセミテ国立公園 モニュメントバレー

沖縄美ら海水族館

美ら海水族館の黒潮水槽

沖縄旅行の外せないスポットとして人気があるのが、沖縄美ら海水族館です。 美ら海水族館は沖縄県国頭群本部町の国営沖縄記念公園(海洋博公園)内にある水族館で、沖縄弁の「美ら海」という 言葉から名付けられた水族館です。

美ら海水族館は完成当時世界一の大きさを誇り、特にジンベエザメが泳ぐ黒潮の海水槽は 世界でもまれに見る大きな水槽です。私もこの水槽で泳ぐ魚たちを見たくて、沖縄県の那覇市から レンタカーを使って見に行ってきました。期待通りの素晴らしい水族館で、この日はほとんど 一日中海洋博公園内で過ごしました。


沖縄美ら海水族館へのアクセス

美ら海水族館の入り口 沖縄本島内には鉄道路線がありませんので、美ら海水族館には那覇市から車で出かけることになります。 観光旅行で訪れたならレンタカー利用が現実的でしょう。 私もデューティーフリーのギャレリアでレンタカーを借りて、美ら海水族館に出かけました。

沖縄の那覇市周辺の道路は混雑するので、沖縄自動車道(高速道路)を利用するのがお勧めです。 私も許田ICまで沖縄自動車道を利用しました。那覇ICから許田ICまで通行料金は1000円でした。

沖縄自動車道許田ICから美ら海水族館までは、車でおよそ1時間かかります。那覇市からですと2時間 強というところでした。それほど遠くないので、那覇市内のホテルを朝早く出れば、水族館開場と 同時ぐらいに現地に到着できると思います。

また、日帰りバスツアーも那覇空港や国際通りから出ているようです。レンタカーをお使いでない方は、 このバスツアーを利用して、美ら海水族館に行かれるとよいのではないでしょうか。


美ら海水族館の駐車場

美ら海水族館に訪れるにあたって一番不安だったのが、車を止める駐車場があるかどうかです。 幸いにも水族館には7つの大きな駐車場があって無料でした。 私は開門と同時に行ったので空いていましたが、帰りに駐車場を見てみるとほぼ 満車状態でした。水族館が混雑する土曜日ということもありましたが、本当にすごい人気です。

ちなみに美ら海水族館に行くなら、駐車場はP7という7番目のパーキングの利用がお勧めです。 ここは唯一の立体駐車場で、美ら海水族館に一番近くなっています。また、立体なので沖縄の 強い日差しを避けることができるのも利点です。 なるべく早く出かけて、パーキング7に駐車しましょう。


美ら海水族館のチケット

美ら海水族館のチケット 美ら海水族館の入館料は、大人1800円、高校生1200円、子供600円です。電子マネーのEdyでも 支払い可能でした。 また、コンビニエンスストアや那覇空港の案内所などでは、割引料金で前売り券を購入することが できます。こちら割引券を利用するのがお得でしょう。

なお、美ら海水族館の入館チケットがなくても、海洋公園内には入ることができます。 ですので、公園内で行われているイルカショー(オキちゃん劇場)やラグーンは自由に楽しむ ことができます。


混雑度

美ら海水族館内は非常に広いのですが、週末ともなると非常に混雑します。 日本国内の観光客だけでなく、中国や台湾からの方も大勢いらっしゃるようで、水族館内では いろいろな言語が飛び交っています。 小さなお子様連れで行くなら、迷子にならないように気をつけておいた方がよいでしょう。

特に沖縄美ら海水族館の一番の見所であるジンベエザメが泳ぐ大水槽前は、人でごったがえしていました。 スペースが広く取られているのでどこからでも綺麗に見ることができますが、先に待ち合わせ場所を決めて おいてからゆっくり鑑賞したいものです。 黒潮水槽に隣接するカフェ「オーシャンブルー」も席を待つ方の列がずらっと並んでいました。


美ら海水族館の見所

ニモ 美ら海水族館の見所といえば、やはり黒潮水槽で泳ぐ2匹のジンベエザメです。 どちらも約8メートルという大きなジンベエザメで、大きな水槽内を優雅に泳いでいます。 この黒潮大水槽の前で海の中を眺めていると、こんな大きな生き物を生んでくれる海のすばらしさに感動さえ覚えました。

また、その他にもかわいい魚がいっぱい迎えてくれます。 私が特にお気に入りだったのは右上の魚、カクレクマノミです。ディズニーの映画ニモのモデルとも なった魚で、カラフルな小さな魚が海草の間を素早く動く様がかわいかったです。 海の妖精のようですね。

その他にも海に潜む巨大なウツボや、不思議な深海魚が迎えてくれます。人食い鮫として 恐れられる様々なサメについての説明もありました。サメ博士というブースがあるのですが、 こちらではサメの特集がされていて、サメについて知識を深めることができました。

水族館のルートの途中には、美ら海のDVDハイビジョンシアターもありました。 15分ぐらいのシアターですが、映像が大変美しく沖縄の海の美しさを満喫できました。 あまり人気がないのか、次の黒潮水槽に目が移るのか、みなさん素通りされていますが、 楽しめる催しです。是非見ておきたいシアターです。


美ら海水族館の水上観覧コース

黒潮水槽を上から見た様子 美ら海水族館の黒潮大水槽の横には、黒潮探検コースの受付ブースがあります。 この大水槽を上から観察してみようというコーナーです。ただし定員制のため、場合によっては かなり並ばないといけません。私が行ったときには2時間待ちでしたので、カフェで休んでから 見ることにしました。

係員からイヤホンを渡されてエレベーターに乗って行くのですが、上に付くと右上の写真の ような風景が広がっていました。まるで映画のセットのようです。

この下が黒潮水槽の大きなプールな訳ですが、上から見るとまた違った感覚を味わえます。 水族館内からは水槽内の魚の美しさを感じていましたが、ここから見ると管理者の立場になります。 ちょっと夢が消えてしまう気もしましたが、貴重な体験でした。

また、ここからは水槽内からは見られない魚を見ることができました。 それはシーラという魚なのですが、水面すれすれで生活するので水族館内からは、ほとんど見ること ができません。上からでははっきりと泳ぐ姿を見ることができました。


オキちゃん劇場

イルカショー 沖縄海洋博公園内で開催されているイルカショーが、オキちゃん劇場です。 美ら海水族館を出てすぐのプールで開催されていて大変な人気です。 そのためすぐに席は満席になってしまうようですので、早めに会場に駆けつけましょう。

イルカショーを見たのは初めてでしたが、バンドウイルカやオキゴンドウが プールを一杯使ってショーをしてくれて、ほんとに楽しめました。美ら海水族館に行ったら 忘れずに見ておきたいイルカショーです。でも一番前の席はやめましょう。私は前から二番目の 席だったのですが、水を被ってびしょ濡れになってしまいました。


エメラルドビーチ

美ら海水族館を出た後、すぐ近くのエメラルドビーチにも行ってみました。 電動バスも運行していましたが、歩いても10分程度でアクセスできるところです。 人工的に作られたビーチだそうですが、砂は白く、海水はエメラルドに光って美しいビーチでした。

美ら海水族館で海の生き物を見て楽しんだ後、外に出れば美しい海と青空。沖縄ってとても 美しいところだなぁとしみじみと感じました。今回が初めての沖縄旅行でしたが、 また時間を作って必ず訪れたいと思っています。 沖縄の自然の海に触れて心からリフレッシュすることができました。

沖縄旅行 美ら海水族館 讃岐うどん 夏休みの星空 しし座流星群 しぶんぎ座流星群 ゴールデンウィークの星空
南十字星の見つけ方 アイソン彗星の観測情報 パンスターズ彗星の撮影情報 星をもとめて 明石天文科学館 写真撮影地