すばる


すばる M45

海外ではプレアデス星団の名前で親しまれているすばるの写真です。 すばるは、冬の星座の一つであるおうし座に位置する散開星団ですが、晩秋の夜更けにはもう東空高く昇っています。 この星団は肉眼でもいくつかの星の集まりであることがわかり、双眼鏡で観望すると星の数も増えてきて素晴らしい眺めになります。

すばるは案外と構図取りするのが難しい天体で、いつも全体のバランスで悩んでしまいます。 特にすばるの周りには淡い星雲が存在しているので、撮った時はちょうどよい構図でも、処理を進めるにつれて構図が崩れてしまうことが ありました。そこで今回は縦構図で撮影して、画面下へと広がるメローペ雲の様子を表現してみました。

反射望遠鏡のスパイダーが輝星に光状を与えて、煌びやかな印象になったすばるです。屈折望遠鏡で撮影するとスパイダーがありませんので、 こうした光状は出なくなります。好みの問題ですが、光状があった方が輝きが感じられてよいかなと今回撮影してみて思いました。


Imaging information

撮影機材: タカハシε250, 国際光器ヘラクレス赤道儀

使用カメラ: SBIG STL-11000M, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L=80分(10分×8),R=20min, G=20min, B=20min(RGB:2x2binned)
総露出時間 2時間20分

画像処理ソフト: ステライメージ6, PhotoshopCS4

撮影場所: 岡山県備前市