しし座のNGC2903銀河


NGC2903銀河

NGC2903銀河は、しし座頭部の「ししの大がま」の先っぽに位置しています。 有名な「しし座銀河群」から少し離れたところで輝い ているので、つい忘れてしまいがちな銀河です。 しかし、明るさも見掛けの大きさも案外と大きいので、望遠鏡で覗けば楕円状に広がった様子がよくわかりま す。空の条件が良ければ、双眼鏡でもその存在がわかるほどの貴重な天体です。

20センチニュートン反射と冷却CCDカメラを使 って、この銀河のディテールに迫ってみました。この銀河は中心部の構造が複雑で、ところどころに 赤いHU領域も見て取れます。また、その中心部から長く伸びた2本の腕が巻き付 く様子も美しく、メシエ天体になっていないのが不思議なくらいの美しい銀河です。


Imaging information

撮影機材: タカハシMT-200,ペンタックスMS-5赤道儀

使用カメラ: SBIG ST2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:10分×8, RGB:各10分×2

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: 奈良県野迫川町鶴姫公園,2006年撮影