M51 子持ち銀河


りょうけん座の銀河 M51

M51子持ち銀河は、 大小2つの銀河が繋がっている様子が大変美しい銀河です。肉眼 では全く見ることが出来ませんが、双眼鏡を使うとボーっとした白いシミのよう に見えてきます。望遠鏡を使うと面積のある天体であることがわかりますが、子 持ち銀河という愛称通りに見るためには、20センチクラスの望遠鏡は必要でし ょう。この銀河はりょうけん座に位置していますが、有名な北斗七星から探すの がわかりやすいと思います。

お借りしているミード天体望遠鏡の シュミットカセグレン望遠鏡で撮影したM51銀河の写真です。レデューサー を付けての撮影でしたが、レデューサーレンズと冷却CCDカメラとの間隔調整に手間取ってしまい ました。いろいろと実験して一番星像のよくなる位置で撮影を行ったのが上の作品です。 薄雲があったので淡い部分の表現は今一つですが、星像もシャープに表現されて、な かなかの解像感が得られました。いろいろとうわさ話の多いシュミカセですが、上手く 調整すれば素晴らしい性能を発揮してくれるようです。


Imaging information

撮影機材: ミード製20センチシュミットカセグレン, レデューサー使用, タカハシEM200赤道儀

使用カメラ: SBIG ST2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:10分×10, RGB:各10分×2

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: 岡山県吉永町,2006年撮影