天体写真の世界 > 過去ログ管理 > ペンタックス67レンズのレビュー

過去の話題

星空日誌やつぶやきの過去ログを、一覧にまとめているページです。 撮影に関する情報や天体望遠鏡の選び方、それに旅行などの情報が詰まったページです。 何かの参考になれば幸いです。 各ページへは、左のトッピクスリンクからお進みください。

残念ながら、分野ごとにリンクを分ける時間はありませんでしたので、 左のリンクはランダムな並びになっています。 知りたい内容のキーワードがお分かりでしたら、 天体写真の世界トップページの右上に設けた検索ボックスから、 こちらの内容も検索することができますので、そちらをご利用頂くのが早いと思います。

ペンタックス67レンズのレビュー

2006年01月21日

今日は寒い一日で、関東地方は積雪もあったようです。都会の突然の雪は交通麻痺を引き起こすので大変ですよね。

私も使っているペンタックス67カメラは、天文用として人気の中判カメラです。その人気を支えている一つに、豊富な高性能なレンズ群があげられます。中でも人気の105mmF2.4標準レンズは、大変高性能なレンズですよね。諸収差を良好に補正できるガウス型設計で、明るさを無理しない設計がよかったのかもしれません。その105mmもお気に入りのレンズですが、最近好んで使っている広角レンズに75mmF2.8ALレンズがあります(右写真)。このレンズはペンタ67用レンズとしては比較的新しいレンズで、非球面レンズが使われている高性能タイプです。実際星を写してみても大変シャープな星像で、105mmレンズと比べても遜色ないどころか、一段上に感じるくらいです。ただこれは私が使っている105mmが古くって、75mmが新しい分コーティングが良好で、抜けがいいだけなのかもしれませんが(笑)。それにこのレンズは開放F値が2.8と明るいのも、星野撮影ファンには助かります。55mmF4レンズですと、ファインダでは一等星がかろうじて見える程度で、勘で構図合わせしなければなりません。その点でも星向きのレンズだと思います。ただ残念なことは値段が非常に高いということです。昨年の67システムの値上げも影響して、このレンズ一本14万円もします。私は運良く安価な中古を手に入れましたが、人気があるのか中古市場で見かけることは希です。でも星撮影用にはお勧めのレンズですから、75mmF4.5を買うなら、少し無理してでもこちらを買うことをお勧めします(75mmF4.5の方が前玉が大きくて星がよく写るような気がしますが、前玉の大きさと写りはあまり関係ないと思います)。このレンズを使って昨年末に写したオリオン座の写真をアップしました。昨年末に行ったときは、機材満載で撮影に挑んだので、あっちこっち走り回って大変でした。撮影はあまり欲張らない方がいいですね〜。

トピックス一覧

プリントのシャープ感 疲れが取れない ε-180ED 星空を求めて 真夏日 彗星の核 天の川が見える場所 屋久島の写真 黄砂で環境破壊 チューリップの季節 プリンターのランニングコスト 接近中の彗星 新春セール 南の回転花火銀河 木星の様子 シュミカセ望遠鏡レビュー Webサイトの作成 シュミカセ望遠鏡 皆既日食 鶴姫公園 デジタル機材の導入 木星の移り変わり 主鏡の清掃方法 日本の気流 木星面の変化 冷却CCD撮影入門続編 星景写真 春の気配 濃霧に注意 ポイマンスキー彗星 リアルタイム予報 タカハシTSA-102 カメラの保管場所 宇宙の写真 撮影旅行 キャノンEOS30D 新兵器 神戸空港の利用方法 デジタル一眼の画像処理 コダックフィルム 冷却CCD撮影入門 魔女とは 写真展 ペンタックス67レンズのレビュー カメラ業界の変遷 フラット撮影用機材 氷の祭典 プリント鑑賞光 土星の環 ニコンD200の人気度 成人の日 今年の抱負 しぶんぎ座流星群 初詣お勧め神社 謹賀新年 2005年の出来事 大晦日前 ハーバーランドのクリスマス クリスマスのイルミネーション 大雪で大混乱 人気ホームページへ 天体写真の撮影機材 究極の天体写真 遠ざかる火星 タカハシEM400赤道儀 オリオン星雲 師走 京都の紅葉 クリスマスムード カリフォルニア星雲 ピリオディックモーション 神戸の日 体育の日 秋晴れはいつ ハチ高原 火星の大シルチス 気流の善し悪し 火星を撮影 大芦高原 火星の黄雲 サーチライト照明 火星の撮影 南天の銀河 阪神タイガース優勝 秋の気配 秋分の日 火星を見よう アンドロメダ 最後のチャンス 選挙戦 今夜の天気 秋雨前線 夏休み最終日 星空天気予報 宮内双眼鏡BJ100iCE キャノンの新型デジカメ