ほ座の超新星残骸

Gum15, Gum17

Gum15,Gum17

Takayuki Yoshida

ほ座の超新星残骸, ガム星雲 Gum15,Gum17付近

赤緯マイナス43度付近に広がる「ガム星雲 Gum15,Gum17付近」の写真です。「Gum15」は中央上部の小さな赤い星雲の ことで、「Gum17」はその左横の少し大きめの赤い星雲です。また、中央下から伸びてきているフィラメント構造を した赤い星雲は「Gum12」で、ほ座の超新星残骸の一部です。どれも赤い色をした星雲ですが、微妙に星雲 の濃さが変わっているのが面白いところです。

ガム星雲は 大変大きくいのですが、日本からは全景を見ることが出来ないのが残念です。 NGC2477とガム星雲の写真と比べると、この星域はより低く、日本からでは地平線すれすれにしか見えない天体なので、なかな か写す機会がありませんでした。この写真も画 像処理の助けを得てなんとか作品化しましたが、コントラストの低下は否めません。日本からは撮影の限界だと思います。


Imaging information

撮影機材: CanonNewFD300mmF2.8レンズ,タカハシEM200赤道儀

使用カメラ: ペンタックス67 カメラ

露出時間: 20分、エクタロームE200

画像処理ソフト: Photoshop

撮影場所: 奈良県十津川村,2004年撮影

天文ガイド入選作品