さんかく座のM33銀河


さんかく座のM33銀河

さんかく座には、アンドロメダ大銀河に次ぐ 大きさを持つM33銀河が輝いています。 その見掛けの大きさは満月の1.5倍もあって、日本から見える銀河の中でも最大級のものです。 私達の天の川銀河系からも近いので、渦巻きに点在するHII領域や暗黒帯が比較的簡単に写ってくれ、天体写真ファンには人気の天体です。 ただ肉眼ではとても淡くしか見えないので、よっぽど空の条件がよくないと見えない銀河です。双眼鏡で見るとボンヤリとした小さな雲のように見えてきます。

TOA130望遠鏡にTOA35フラットナーを取り付けて初めて写してみたM33銀河です。 TOA130望遠鏡は噂通りのシャープな星像で、画面端から端まできれいな星像なのは気持ちがいいです。 ただ案外と重たいのでEM200に載せての撮影は少々無理がありました。できればNJPクラス以上の赤道儀が必要ですね。


Imaging information

撮影機材: タカハシTOA130S,TOA35フラットナー, タカハシEM200赤道儀

使用カメラ: SBIG ST2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:15分×8, HaRGB:各10分×2

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: 兵庫県神河町,2006年撮影

月刊天文入選作品