ちょうこくしつ座の渦巻き銀河 NGC253


ちょうこく室座 NGC253

秋の南天は寂しく、一等星のフォーマルハウトがぽつんと輝いているだけです。しかし天の川から遠く離れているので、深宇宙を見る ことができる貴重な星域でもあります。ちょうこくしつ座は、赤緯マイナス30度付近に広がる星座で、日本からは南の空低くに見え ています。あまり見栄えのしない星座ですが、この星座には南天を代表する大銀河NGC253が輝いており、天体ファンには有名な星座 です。

NGC253は地球から1000万光年の距離にある銀河で、比較的地球から近いので明るく大きく見ることができます。 双眼鏡で見てもシミのようなNGC253の姿を確認することができ、望遠鏡で見ると紡錘形をしたその姿がよくわかります。 NGC253は、案外見栄えがする天体なので、秋の星空観望ではアンドロメダ銀河と合わせて観望してみたい天体です。


Imaging information

撮影機材: タカハシBRC250,タカハシEM200赤道儀

使用カメラ: SBIG ST2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:10分×8, RGB:各10分×2

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: 奈良県大塔村,2005年撮影

星ナビ入選作品