IC342銀河

IC342, Camelopardalis

IC342銀河

Takayuki Yoshida

きりん座のIC342銀河

IC342銀河は、きりん座で輝く系外銀河です。 私たちが住む地球から見ると、真上から渦巻きを眺める形になり、クルリと巻いた腕の様子が美しいフェイスオン銀河です。 IC342は、地球からの距離が約800万光年と比較的近いこともあり、見かけの大きさは視直径で20分前後もありますが、 大変淡く、天体望遠鏡を使っても腕の部分はほとんど見ることができません。 視等級9.1等というデーター以上に暗く感じる天体です。

IC342銀河は、天の川のすぐ側に位置しているため、写真に写すと天の川銀河に属する恒星がたくさん写ってきます。 上の写真のように、色とりどりの明るい星の向こうに渦巻き銀河が見える様は大変美しく、 多くの天体写真ファンが撮影にチャレンジしています。 しかし銀河の腕の部分が暗いのがネックで、銀河の姿を明るく写し出そうと思えば、長時間の露出が必要になります。

このように、IC342銀河は少々撮影することが難しい天体ですが、 視直径が大きな系外銀河ですので、焦点距離の短めの望遠鏡でも撮影を楽しむことができるのは利点です。 明るめの光学系とデジタル機材を使ってじっくり撮影すれば、今まで写ってこなかった淡い腕の部分まで表現できるかもしれません。 淡い天体の撮影には夜空の透明度も大変重要な要素になってきますので、秋から冬にかけての透き通った夜空の時に撮影すると、 良い結果が得られると思います。


Imaging information

撮影機材: タカハシMT-200,タカハシNJPTemma2赤道儀

使用カメラ: SBIG ST-2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:15分×8フレーム, RGB:各10分×2フレーム

画像処理ソフト: ステライメージ7, PhotoshopCS5

撮影場所: 岡山県備前市吉永町