超広角レンズで撮影した天の川

Milkyway taken by Fisheye Lens

フィッシュアイレンズで写した天の川

Takayuki Yoshida

フィッシュアイレンズで写した天の川

フルサイズのデジタル一眼レフカメラ、キャノンEOS5Dと15ミリのフィッシュアイレンズで撮影した天の川銀河の写真です。 ビクセンの小型赤道儀ポラリエを用いて星の動きを追尾しました。 15ミリフィッシュアイレンズは画角が広いため、いて座からケフェウス座まで写っています。

夏の天の川が、画面左から右に流れるように写っています。 肉眼では白い帯のように見える天の川ですが、写真に撮ると赤っぽく写ります。 画面右のいて座付近が銀河の中心方向なので、天の川が一番太くなっており、 左に伸びるにつれて細くなっているのが写真からわかります。 ちょうど頭の上にかかる天の川を撮ったという感じです。

天の川を撮影する時は、このような超広角レンズを使うと面白い作品になります。 特にポータブル赤道儀と組み合わせて使うと、星を点像で撮影できるため、星々の輝きが増して美しい写真に仕上がります。 また写野が広いため、地上風景がそれほどブレて写らないのも利点です。 超広角レンズを使って天の川を写すのも楽しいですね。


Imaging information

撮影レンズ: シグマ15mmF2.8EX SP DG フィッシュアイレンズ (絞りF4にて撮影)

赤道儀: ビクセン星空雲台ポラリエ, カメラ三脚に載せて使用

使用カメラ: キャノンEOS5D, ISO1600, RAW

露出時間: 3分

撮影場所: 奈良県十津川村