天体写真の世界 > 宇宙写真ギャラリー > さんかく座の渦巻き銀河 M33

さんかく座の渦巻き銀河 M33

The Triangulum Galaxy, M33, NGC604

さんかく座の渦巻き銀河 M33

Takayuki Yoshida

拡大表示

さんかく座の渦巻き銀河 M33

さんかく座のM33銀河は、秋に見頃を迎える渦巻きの綺麗な系外銀河です。 有名なアンドロメダ大銀河の近くで輝いている銀河で、さんかく座という小さな星座に位置しています。 M33銀河は、さんかく座から探すよりも、アンドロメダ座のβ星から見つける方が探しやすいでしょう。 アンドロメダ座β星をはさんで、アンドロメダ銀河とは、ほぼ対称の位置にあるので、 それに見当を付けて探すと見つけやすいと思います。

M33銀河の明るさは、6等級と暗いので、肉眼で確認するのは難しいと思います。 「最高の星空なら、M33銀河が肉眼で見える」という話をちらほら聞きますが、 私は未だに確認できた試しがありません。 双眼鏡なら、ぼんやりとした光のシミのように見えてきます。 淡い天体なので、天体望遠鏡を使っても見え方はそれほど向上しません。 写真のような腕が巻き付く様子を見ようと思えば、口径の非常に大きな天体望遠鏡が必要だと思います。

肉眼では見栄えがしないM33銀河ですが、写真に撮ると青っぽい腕の中に赤い散光星雲が写ってきて、 大変美しい姿で目を楽しませてくれます。 写真右上に写っているピンク色の散光星雲には、NGC604というナンバーが付けられています。 M33銀河は、地球から約250万光年離れていますが、 これだけ離れているにも関わらず、この大きさで写るのですから、非常に大きな星雲であることが想像できます。 このNGC604は、オリオン大星雲の約40〜50倍の大きさがあると考えられています。

このM33の写真は、口径30センチの天体望遠鏡とフルサイズの冷却CCDカメラを使って撮影しました。 時折強い風が吹くコンディションだったため、残念ながらガイドが暴れてしまいました。 そこで、撮影した画像の中から比較的ズレが少ないコマを選び、それを使って画像処理した作品です。 M33の巻き付く腕が画面一杯に広がり、迫力ある写真になってくれました。 サイズの大きなM33の画像も載せていますので、そちらも是非ご覧下さい。


Imaging information

撮影機材: タカハシミューロン300CR, ペンタックス MS-5赤道儀

使用カメラ: SBIG STL-11000M, レデューサー使用, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L=90分(15分x6),R=10minx2, G=10minx2, B=10minx2で撮影
総露出時間 2時間30分

画像処理ソフト: ステライメージ7, PhotoshopCS5

撮影場所: 岡山県備前市八塔寺