vdB142 in IC1396, 象の鼻

vdB142 in IC1396

vdB142

Takayuki Yoshida

vdB142, 像の鼻

北天で輝くケフェウス座には、大きな散光星雲IC1396が存在しています。 その大きな散光星雲IC1396の中には、複雑な色と構造を持つ 分子雲(vdB142)が光っています。そのvdB142を大型撮影用望遠鏡と冷却CCDカメラを使 ってクローズアップ撮影したのが上の写真です。

この星雲vdB142は大変淡く捕らえにくい星雲ですが、その特徴的な形から「象の鼻」とも呼ばれて海外では大変人気のある星雲です。 上の写真からは、右から延びる複雑な形をした星雲が、赤い散光星雲に背後から照りかえされて輝いていることがわかります。 じっと見ていると、まるで生き物が赤い星雲の中でウネウネと動いているようにも見えてきます。宇宙の神秘を感じさせてくれる写真です。


Imaging information

撮影機材: タカハシBRC250,タカハシEM200赤道儀

使用カメラ: SBIG ST2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:15分×10, RGB:各10分×3

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: 奈良県大塔村,2005年撮影

天文ガイド入選作品