M64銀河

Black Eye Galaxy、M64、NGC4826

M64

Takayuki Yoshida

M64 黒眼銀河

M64は、かみのけ座に位置する系外銀河です。 銀河の中心から少し離れたところに明瞭な暗黒帯があり、天体望遠鏡で観望すると、 人の眼のように見えることから「黒眼銀河」という愛称があります。 ただ、実視等級が8.5等という割には、案外と暗く感じるため、 口径の大きな望遠鏡でないと、暗黒帯を肉眼で確認するのは難しいと思います。

M64銀河は、地球からは約1,700万光年も離れているため、 視直径は、約10′×5.5′と小さく、長焦点望遠鏡を使用しても、それほど大きくは写りません。 しかし、実際には、M64銀河は非常に大きな銀河と考えられており、 メシエ天体の中で2番目に大きい天体と言われています。


Imaging information

撮影鏡筒:タカハシ Mewlon-250CRS

天体望遠鏡の架台:ビクセン AXD赤道儀

使用カメラ:SBIG ST2000XM、AO-7使用、Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間:L画像=15分×6枚、RGB画像=各10分×2枚

画像処理ソフト:ステライメージ8、PhotoshopCC 2017

撮影場所:岡山県吉永町八塔寺、2018年撮影