天体写真の世界 > 宇宙写真ギャラリー > 銀塩写真 > こぎつね座付近の天の川と散光星雲NGC6820

こぎつね座付近の天の川と散光星雲NGC6820

M27,NGC6820

こぎつね座の銀河と散光星雲NGC6820

Takayuki Yoshida

ケフェウス座のNGC7822

こぎつね座付近に広がる天の川と散光星雲の写真です。 こぎつね座と言えば、亜鈴星雲(M27)の存在で有名な星座です。そのM27は画面中央の左の方に小さく写っています。 こうしてみると小さなM27ですが、惑星状星雲の中では大きなものです。この星域には、M27以外にも小さな散光星雲や散開星団が存在していて、 色合いが美しいところです。

画面中央右寄りには、この辺りで最も大きい散光星雲 NGC6820が写っています。 小さな星雲ですが、ルーペで見るとなかなか特徴的な形をしています。 最近ではデジタル機材を使って、このクローズアップ写真も盛んに撮影されています。それを見ると、フィラメントのような構造が 見て取れて興味深いです。

その上にはもう少し小さい散光星雲Sh2-88が写っており、そのまた上にはもっと小さいSh2-90が赤い点のように写っているのです が、この望遠レンズでは拡大率が低くてわかりづらいです。 また画面下方向には、矢座に位置するM71球状星団が小さく写っています。 この星団は星の集中率が低いので、散開星団とも呼ばれています。天体望遠鏡でみると小さな星雲状に見えます。

ほのかな天の川の色合いを表現したかったので、強烈な発色性を持つE100Sを抜いてE200を使い写し取った領域です。 散光星雲自体は淡いのですが、星の密集度が高いのですぐに露光が飽和してしまう領域です。 昨年は横構図でしたので縦構図に替えて撮影してみました。


Imaging information

撮影機材: CanonNewFD400mmF2.8レンズ,タカハシEM200赤道儀

使用カメラ: ペンタックス67 カメラ

露出時間: 35分、エクタロームE200

画像処理ソフト: PhotoshopCS

撮影場所: 奈良県大塔村,2004年撮影

月刊天文入選作品