まゆ星雲

Cocoon Nebula

まゆ星雲

Takayuki Yoshida

まゆ星雲 IC5146

はくちょう座の北の外れにある「まゆ星雲」の写真です。 はくちょう座と言えば、北アメリカ星雲網状星雲が有名ですが、 この星雲も小さいながら発光星雲と反射星雲が入り交じっていて、写しがいがある星雲です。 少し広めの写野を持つ光学系で撮影すると、付近に走る暗黒帯も捕らえることができます。 はくちょう座の星雲を狙った後は、このまゆ星雲を写してみてはいかがでしょう。。

この写真は、RCOS社の20インチ(50センチ)の大型天体望遠鏡一式と冷却CCDカメラをお借りして、 アメリカのニューメキシコ州で撮影を行った作品です。 アメリカのニューメキシコ州にある天体観測所は、標高2000m以上の高地にあり、 空の条件も抜群に良いようで、アメリカの天体写真ファンがたくさんの天文台を築かれています。

撮影自体は、お誘いいただいた友人のサポートのお陰で終始楽しく行えましたが、 私が時差を勘違いしていたため、撮影時間を少し無駄にしてしまったのは残念でした。 淡い部分のSN比を考えると、もう少し露出時間が欲しかったところですがこればかりは仕方がありません。 貴重な機会を与えてくれ友人には、大変感謝しています。

総露出時間は稼げなかったものの、気合いを入れた画像処理で、星雲の淡い広がり部分まで表現してみました。 やはり50センチ望遠鏡の集光力は絶大で、暗い星までよく写ってくれました。 またフルサイズ冷却CCDカメラ、STL11000Mの画角の広さと、Paramount ME赤道儀の追尾精度の良さにも驚きました。


Imaging information

撮影光学系: RCOS 20inch RC-Telescope, Software Bisque Paramount ME

使用カメラ: SBIG STL-11000M, SBIG LRGB filters

露出時間: L=90分(15分×6),R=15min, G=9min, B=18min(RGB:2x2binned)

画像処理ソフト: Stellaimage5, PhotoshopCS

撮影場所: アメリカ合衆国ニューメキシコ州マイヒル,2006年撮影

天文ガイド入選作品