りゅう座のNGC5907銀河


りゅう座のNGC5907銀河

NGC5907銀河は、北天のりゅう座で輝いている銀河です。 さそり座が南中を迎える頃に見頃を迎えるので、春の銀河というよりも夏の系外銀河と言えます。 視直径は14分程もあり大きい銀河ですが、明るさが11等級と暗いため、口径の小さな望遠鏡で確認するのは難しい天体です。 口径20センチくらいの望遠鏡で観望すると、細長い形が見えてきて、銀河の存在がわかるようになります。

写真に撮ると、かみのけ座のNGC4565銀河に似た横から見たエッジオン銀河として写ります。 しかし、中央のバルジの膨らみがとても小さいのが特徴で、カミソリのような細い姿がこの銀河の魅力とも言えます。 地球から約5000万光年離れた先の銀河です。

このNGC5907銀河の周りには、恒星流と呼ばれる非常に淡いガスがループのように拡がっていることが知られています。 この恒星流は、銀河か何かが消滅した時に残された恒星の痕跡だと考えられていますが、正確にはわかっていないようです。 非常に淡いため、残念ながらこの写真では全く写っていませんでした。


Imaging information

撮影機材: タカハシMT-200(パラコア使用), ヘラクレス赤道儀

使用カメラ: SBIG ST-2000XM, Astronomik Type2C LRGBフィルター

露出時間: L:10分×8フレーム, RGB:各10分×2フレーム

画像処理ソフト: ステライメージ6.5, PhotoshopCS5

撮影場所: 岡山県備前市吉永町,2012年撮影