はくちょう座


はくちょう座の写真

はくちょう座の全景写真です。夏の天の川で輝く星座の中でさそり座と並んで人気のある星座が、 この夏の大三角の中で輝くはくちょう座です。 はくちょう座は日本では空高く昇るので、とても見やすい星座です。お盆の頃の夜10時頃、空の真上を見上げると大きな十字 に輝く星々が見えます。それがはくちょう座です。大きな十字は、南十字座と対抗して「北十字」と呼ばれています。 はくちょう座を構成している北十字星は、明るい星が多いので都会の空でも見えると思います。晴れた夜、外に出て探 してみてはいかがでしょう。

はくちょう座は天の川の中に位置しているので、たくさんの星雲が存在しています。天体写真ファンにも大人気の星域です。 上の写真でボンヤリ赤く見えるところが、その散光星雲達です。有名どころ では北アメリカ星雲ペリカン星雲網状星雲など などがあげられます。 また、はくちょう座のクチバシの星アルビレオは、全天で最も美しいとされる重星です。肉眼ではわか りませんが、望遠鏡の高倍率で見ると、ルビーとサファイアのように輝く二つの星が寄り添って見え、とても美しい 眺めです。機会があれば是非覗いて見てください。

ギリシア神話でこのはくちょう座は、大神ゼウスがスパルタ王の后レダに恋をしてしまい、お忍びで会いに行くために 化けた白鳥とされています。ちなみにこのゼウスとレダの子が、人間界で最も美しいとされた女性「ヘレネ」です。 このヘレネのあまりの美しさから、トロイアの王子パリスやアキレスが活躍したトロイア戦争が起きてしまった ということです。罪な女性ですね。

※デジタル一眼レフカメラで撮影したはくちょう座の星座写真もご覧ください。


Imaging information

撮影機材: SMCPentax105mmF2.4(F4で撮影), 小型赤道儀タカハシP2赤道儀で追尾

使用カメラ: ペンタックス67 カメラ

露出時間: 35分、エクタロームE200(+1増感)

撮影場所: 奈良県大塔村,2004年撮影

星景写真ページに戻る