おうし座の超新星残骸 Sh2-240

Sh2-240,Simeis147

Sh2-240

Takayuki Yoshida

Sh2-240、Simesis147

Sh2-240は、ぎょしゃ座とおうし座の境界線当たりに存在する大きな超新星残骸です。 その大きさは約4度ほどもあり、とても大きな星雲なのですが、非常に淡いため撮影するのはとても難しい対象です。 しかしそのフィラメントが絡まる様がとても美しいので、銀塩フィルムが天体写真撮影の主流の頃から、 様々な機材を使って撮影されています。

今回は明るい屈折望遠鏡と冷却改造されたデジタル一眼レフカメラ、 それにHα光のコントラストを向上するHEUIB-IIフィルターを用いて、この淡い星雲の撮影にチャレンジしてみました。 非常に淡い星雲のため、カメラの液晶モニターに表示された画像では星雲の存在は全く分からず、 画像処理ソフトで強調してはじめて画面に浮き出てきました。

以前、自宅からHαナローバンドフィルターと冷却CCDカメラを用いて撮影したSh2-240の写真と比べると、 ブロードバンド撮影のため、星雲のコントラストが若干低めですが、 超新星残骸の特徴とも言えるフィラメントの絡み合う様子を、カラーで表現することができました。


Imaging information

撮影光学系:ビクセン VSD100 F3.8、V0.79レデューサー使用

撮影カメラ:Astro6D(キヤノンEOS6D 天体用冷却改造カメラ)

赤道儀:ビクセンSXP赤道儀、ステラショット1.5にて導入・オートガイド追尾

カメラの設定:ホワイトバランスマニュアル、ISO1000、RAWモード、HEUIB-IIフィルター

露出時間:300秒×32コマ

画像処理ソフト: ステライメージ7、PhotoshopCC 2015

撮影場所: 岡山県備前市吉永町八塔寺、2016年撮影